川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

全く間に合わないって話

 

先取りを強化してから、どの学年にも話をしている。

 

「なぜ先取りをしているのか」

 

理由はこれ以外にない。

 

f:id:goumaji:20211217080326j:image

 

今回の北辰、その数学と英語の県内平均点を見てほしい。

 

数学 17.0点

英語 22.9点

 

ちなみにこの平均点を叩き出してるのは、埼玉県でも上位15%以上に位置している子達である。

 

学校選択問題採用校を受ける予定の子達しか、今回の英数は受けてないから。

 

分かる?

 

つまり、この近辺であれば

 

浦和

大宮

浦和一女

市立浦和

川越

川越女子

所沢北

和光国際

川越南

所沢

 

 

 

これらの高校を受験予定の子達しか受けていない。

 

それなのに、この平均点。

 

松江っ子達の平均点がどちらも40点台ってことを考えると、ほぼ同数の子達が0点取らないと成り立たない平均点ってことだよね。

 

つまり

 

何この問題、全く解けないんだけど…

 

って思う子がめちゃくちゃ多いってことね。

 

今、殆どの中3は塾に通っているだろう。

 

それなのにこの結果だ。

 

もはや断言できるよね…

 

学校準拠のレベルやスピードでは学校選択問題には歯が立たないってこと。

 

 

学校の定期テストはもちろん大事。

 

だからどうしても塾はそこに合わせた指導になる。

 

ほんの1・2ヶ月先取りをしながらね。

 

でもそれだと、入試に間に合わなすぎるんだ。

 

圧倒的に間に合わない。

 

そう考えると、塾としては仕組みそのものを変えていくしかないよねって話。