川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

肩身が狭いか?

 

昨日書いた埼玉大学推薦合格は

 

松江っ子ではなく

 

僕の姪っ子である。

 

姉の子供ね。

 

2学年差の姉妹は

 

2人とも川越女子から埼玉大学

 

僕の姉は高校から大学附属でエスカレーター

 

自分がそういう道を通った人は

 

同じようなルートを子供にも進ませる傾向があると思うんだけど

 

なぜかオール国公立。

 

不思議である。

 

 

 

 

 

 

さて

 

 

僕と姉

 

 

子供はそれぞれ2人

 

 

そして、見事に学年が一つずつ交互にズレている。

 

 

つまり

 

大学2年 姉の長女

大学1年 ゲラお

高校3年 姉の次女

高校2年 なし子

 

 

という感じ。

 

 

僕の両親、つまり祖父母にとっては

 

 

毎年誰かしら孫の七五三

毎年誰かしら孫の受験

そして、これからは毎年成人式

 

 

となっていく。

 

 

祖父母として、孫のイベントが連続するのは

 

 

この上ない喜びかもしれないが

 

当の本人達たちにとってはプレッシャーも大きいだろう。

 

 

 

 

孫4人のうち、3人が大学を決めた

 

 

 

最初の孫 川女→埼玉大学

次の孫 浦高→一橋大学

その次の孫 川女→埼玉大学

最後の孫 私立高校→私立大学(予定)

 

確定した3人目までは全員オール国公立である。

 

 

 

 

 

 

なし子…

 

 

 

 

君だけが

 

 

 

まるで異端児のように見えるではないか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし!

 

 

 

 

そんなことを気にするなし子ではない!

 

 

 

 

 

というか、埼玉大学が国立大学だと知らない可能性もある!

 

 

 

 

なし子

 

 

 

 

君は君の道を進めよ