川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

公立小中の良さ

 

内申点への不満とか

 

いじめへの対応とか

 

まあ、あれこれ言われることが多い

 

公立小

 

公立中

 

我が家は公立メインで進んでるが

 

公立には公立の良さってものがあるよね。

 

やっぱりさ

 

いろんなレベルの子がいる

 

っていうのは、大切なことなんだと思う。

 

勉強で突き抜けた子

 

全く勉強のできない子

 

夢と希望に溢れた子

 

何も考えてない子

 

そして

 

そういう子の親や家庭

 

 

とにかく、

 

 

現実社会の縮図そのものなんだよね。

 

 

個人的には

 

公立小中を経験していない人は

 

政治家とか官僚をやっちゃいけないんじゃない?

 

 

とか思うよ。

 

 

知識として知ってるのと、

 

実際にその中にいたのとでは

 

やっぱりいろいろ違うと思うし。

 

 

小中は人格形成の土台にもなるしさ。

 

 

高学歴を目指して早い段階で私立に入れて

 

適切な教育環境をっ!

 

って一生懸命になってる人は多いけどさ

 

 

親がその情熱を持ってるのなら

 

東大や一橋大、医学部とか

 

別にそれほど無理な話じゃないと思うんだよね。

 

 

てか、

 

松江塾にはそういう生徒たくさんいるし。

 

 

ゲラおだって、いろんなタイプの友達がいて

 

いまだに地元の友達と遊んでるし。

 

 

就職した子もいるし

 

慶應の子もいるし

 

でも

 

みんな昔からの地元の仲間

 

 

そういうのって

 

バランスの良い子を育てるのには

 

 

不可欠な環境だと

 

僕は思うけどなー