川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

塾は麻薬にもなりうる

子供の学力を効率的に飛躍させてくれる塾は

 

ときに中毒性のある麻薬になりうる。

 

プロが熟考し、作り上げられたノウハウは

 

子供の努力を軽減させる。

 

要は、「楽に確実に上がる」

 

ということを意味する。

 

こんな凄いことはない。

 

しかし

 

その上昇する数字の影に隠れて

 

子供の努力能力を蝕んでいく。

 

「先生がいないと頑張れない」

 

「塾がないと何していいか分かんない」

 

この状態だ。

 

塾としては

 

子供をこの状態にすることが最大の目的だ。

 

自分を頼らざるを得ない子が増えれば

 

経営体としては安泰なのだから。

 

「ほら、予想問題だよ。これができるようになれば完璧だよ!」

 

この言葉の裏にある真意

 

それは

 

「ほら、これで塾なしではいられない身体になりなさい」

 

 

 

 

本当にここまで自学している塾は少ないだろうが

 

 

結果的にそういうことにしてしまっているのは

 

事実である。

 

 

 

全国に数多ある塾の中には

 

 

小中学生から指導を始め、高校生になってからも継続して指導している塾がある。

 

 

そういう塾の中で、しっかりと結果を出している塾は

 

 

「自学すべし」

 

「手を出しすぎない」

 

「見守る」

 

 

このことに気づいていて、そういう仕組みを作っているんだよ。

 

 

分かる

 

 

分かるよ

 

 

 

 

とりあえず今、成績を上げたいんだね?

 

 

 

 

今成績上げとかなきゃ、この先の道が途絶えるように思うんだね?

 

 

 

 

でも

 

 

 

 

もしそれに手を出すのなら

 

 

 

 

大学受験までずっと「塾べったり」になることを覚悟しないと。

 

 

 

でもね

 

 

 

その時に気づくよ

 

 

 

 

高校生対象の塾や予備校はね、

 

 

 

「自分でやらなきゃ伸びません」

 

 

 

って、断言するから。

 

 

 

なんだろね

 

 

 

 

塾業界。

 

 

 

 

 

特に高校受験をゴールに設定している塾は…

 

 

 

切なくなる

 

 

 

が!しかし!

 

 

 

 

 

松江塾は関係ない!

 

 

 

 

ブレずに貫く!

 

 

 

なーんて書いてたら

 

 

 

大宮高校3年の子から

 

 

 

360人中8位!

 

 

という恐ろしい結果LINEがきた♫

 

 

 

 

良き良き