学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

これをやる塾は最悪

高校生達

 

川高や和国の子達を中心に、まだ定期考査が終わっていない。

 

当然のように塾に来て勉強しているわけだが

 

その姿は中学の時と全く変わらない。

 

僕が「塾の備品」と形容する姿である。

 

「松江塾って、単なる自習塾でしょ?」

 

まあ、違うんだけど笑

 

そう言われるのも納得のシステムではある。

 

保護者としては、特にテスト前に放ったらかしにされてしまう松江塾の環境というのは

 

「もっとやって欲しい」

 

と思うものかもしれないね。

 

僕が思うに

 

そう考えてしまう保護者というのは

 

中学や高校時代に

 

ガチで勉強に取り組んだことのない人だと思うんだけど?

 

だって、テストの点数や学力って

 

自学自習以外で上がらないんだけど笑

 

「でも、テスト対策問題とかをバンバン提供してくれる塾もあるのに。そして、その塾に通ってる子はうちの子よりも勉強できなかったはずなのに、高得点取ってるけど?」

 

んー

 

確かにそういうのを実際に知ると

 

思うところはあるだろうね。

 

だが、しかーし

 

松江塾は変わらない。

 

なぜか?

 

それは、冒頭でも書いたように

 

「高校生になっても能動的に頑張って欲しいから!」

 

これ以外にないのである。

 

子供の塾探しは、お母さん達がメインだよね?

 

だったら、1番わかりやすい例を書くね?

 

それは

 

「料理」

 

だ。

 

 

分かりやすく言えば、テスト対策予想問題をバシバシ提供してくれる塾は

 

「宅配食材キット」と同じ。

 

料理に必要な食材がカット済み、調理済みの状態で届くってやつ。

 

あるよね?

 

働くママや料理が苦手なママ達の強い味方である。

 

毎日メニューに悩まなくていいし、時短にもなる。

 

良いこと尽くめだよね。

 

お金払う価値を感じるよね。

 

想像してみてね

 

料理を覚えたての頃から3年間、自ら買い物には行かず、毎日食材が調理済みの状態で届く生活をする。

 

自分は楽、子供も美味しい!と言ってくれる。

 

旦那さんも褒めてくれる。

 

そんな生活を3年間。

 

ところが

 

旦那さんの転勤が決まり、引っ越さなきゃならなくなった。

 

引っ越した先には、大型スーパーはあるが

 

田舎なので宅配食材サービスはない。

 

さあ!

 

さあさあ!

 

引っ越した次の日から、あなたは毎日スーパーに行って、食材選んで料理して

 

家族の食事を用意しなきゃいけなくなった!

 

実はあなたの家のお隣さんも、同じタイミングで同じ地区に引っ越してきた。

 

その人はこれまで宅配食材サービスは利用したことがない。

 

毎日スーパーで食材買って毎日自分で料理をしてきた人だ。

 

さあ!

 

さあさあ!

 

どっちが家族に美味しい料理を当たり前のように提供できる?

 

ここまで書けば分かるよね?

 

高校生になってからも、中学と同じように定期テスト対策のプリントを提供してくれる塾や予備校

 

あると思ってる?

 

テスト作成者の先生の傾向に合わせて

 

「はい!次はこれやって!覚えて!」

 

浦和も川越も川女も所北も

 

テスト科目もテスト範囲も教材も

 

何もかもが違うんですけど?

 

そんなバラッバラな科目や範囲に

 

しかも全員に

 

対応してる塾なんて

 

ないから笑

 

高校生になったら、

 

絶対に自分で机にしがみついて

 

自分に必要な科目や単元を

 

自分自身で判断して決めて

 

取り組んでいかないといけないの。

 

僕は今のこの瞬間、高校生2人の親だからね?

 

家では勉強の話もするよ?

 

どんな授業スピードで、どんな難易度で

 

試験範囲がどれくらいで

 

そのために配布されているワーク教材は何なのか

 

この仕事やってるんだから

 

全部目を通すよ?

 

その上で言ってる。

 

高校生になって、自学自習ができない子は1000%落ちこぼれる

 

これま間違いないからね。

 

分かる

 

分かるよ?

 

それでも、目の前の高校受験、

 

成功させたいんだよね?

 

川高や川女に進学させたいんだよね?

 

その気持ちは痛いほど分かる。

 

僕だって同じだだったから。

 

でもさ、

 

せっかく入った高校で

 

「ねえ、お母さん。勉強のやり方、分かんないんだけど。授業スピード速すぎるし。塾行かせてくれない?中学の時みたいに、先取りして教えてくれて、テスト対策やってくれる塾を探して欲しい。」

 

その瞬間、全て分かるから。

 

これはマジで。

 

多くの塾の先生は

 

この記事の内容、完璧に理解できてるはず。

 

あなたも

 

あなたも

 

そして

 

あなたも

 

僕のこのブログ、毎日6000くらいのアクセスがある。

 

かなり沢山の塾の先生が読んでるのを

 

僕は知ってる。

 

塾の先生ってことは

 

みんなちゃんと勉強して、良い大学に進学した人が多いはず。

 

だから

 

何が本当に学力を伸ばすか

 

よーっく分かってるんだよ。

 

でも

 

塾の先生として求められるのは

 

「今この瞬間、うちの子の学力を!得点を上げてください!」

 

ということ。

 

だから、禁断の果実に手を出しちゃうんだよね。

 

高校生になったら、その生徒と合わなくなるんだから関係ないしね。

 

 

 

今、我が子にどんな力を身につけさせたいのか

 

今、目の前の生徒にどんな力を身につけさせたいのか

 

 

 

これが正解だ!というのはないのかもしれないが

 

目の前でビシッと自学している高校生達を見ていて、

 

その子が小学生や中学生だった時を思い出すと

 

松江塾は「正解の一つ」を間違いなく突き進めているんじゃないか

 

そう思えてならない。