川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

先取りから見えるその子の吸収力

 

昨日の中1英語では、中2前半の実力テストを行った。

 

教科書準拠問題ではなく、2年でも満点は取りにくいレベルで問題を作った。

 

全57問。

 

−5

−7

−7

−8

−8

−9

−10

−12

−13

−13

−14

−14

−15

−16

−17

−18

−18

−19

−21

−21

−21

−21

−22

−25

−26

−26

−26

−26

−27

−27

−27

−29

−30

−32

−32

−33

−36

−40

−40

−40

−41

−44

 

こんな感じの正答率。

 

 

この数字の羅列を見ると、

 

松江っ子たち、大丈夫か?

 

松江塾の英語指導力は大丈夫か?

 

そう思うかもね笑

 

 

しかし、この中1

 

今回の期末の英語塾内平均点は

 

84点

 

である。

 

 つまり

 

学校の定期テストに向けて、テスト前にしっかり反復学習をすれば

 

大体80点台半ばは取れる子たちなのである。

 

 

ちなみに、この中2前半の学習は

 

すでに2回転している。

 

それでもこれだけの不正解の数

 

中2の内容がどれだけヘビーなのかがよく分かるだろう。

 

 

 

 

こうやって先取りをすることで

 

生徒たちには相当の負荷がかかる。

 

脳味噌から汗をかく、と言っても良い。

 

この経験を積み重ねることで

 

重い内容をどかっと受け止めて

 

それを吸収する練習になる。

 

 

 

難関校を受ける子たちがどうして賢くなるのか。

 

そのヒントはここにある。