川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

先取りは最高の復習になる

 

昨日の中2

 

過去分詞を終えた。

 

残すは関係代名詞のみなのだが

 

本来、中2は学校でこれから不定詞や動名詞を学ぶタイミングである。

 

先取りのしすぎでは?

 

という感もあるが

 

それはこちらのやりようである。

 

特に後置修飾の文は、

 

これまでの文法事項を織り交ぜて作問することができるからね。

 

例えばー

 

 

「あなたは英語で書かれた本の買い方を知りたいですか?」

 

一般動詞の疑問文

2年の不定

3年の不定

過去分詞

 

「私に向こうで踊っているあの少年の名前を教えてください」

 

命令文

第4文型

現在分詞

 

 

「フランス語で書かれた本は英語で書かれた本よりも難しいです」

 

比較

過去分詞

 

 

とかね。

 

 

後置修飾の文、僕は「レシピ」と称して

 

文を分割するところから始めさせる。

 

「波線と四角!!」

 

ここからスタートね。

 

 

そして、波線を無視して英文を作る。

 

 

この段階で、これまで学んで来た文法事項だけが浮き彫りになった文が出てくる。

 

ここで徹底して復習。

 

 

この練習、これまでは中3の7月くらいにやっていたのだが

 

 

今年は中2の10月にやっている、ということね。