川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

本気でなし子に殺されかけた

 

 

昨日の夜

 

何故か

 

「おじさんのゴロゴロ攻撃とJKの蹴りはどっちが強いのか」

 

という流れになり

 

45歳おじさんと17歳JK(中身は昭和おじさん)

 

との異種格闘戦が始まった。

 

 

ルールは簡単だ。

 

 

足を伸ばした状態で壁に背中をつけて座ったなし子に向かって

 

僕が身体を横にした状態でゴロゴロと転がりながらなし子に突撃

 

 

なし子はその転がる勢いを伸ばした足で止められるのか?

 

 

というシンプルな戦いだ。

 

 

正直、始まる前から勝負は見えていた。

 

 

こちらに向けられた二本の大木

 

このちょっとぽちゃっとしたおじさんのお腹

 

しかも、回転によっては

 

一番柔らかく

 

カプリ♫

 

と食らいつきやすそうな横腹が

 

大木の餌食になる可能性すらある。

 

 

しかーし

 

vs なし子

 

という状況に

 

僕が逃げるわけにはいかないっ!

 

 

 

ゲラおには

 

身長

運動能力

脳みそ

顔面偏差値

 

全て追い抜かれた。

 

 

しかーし!

 

なし子には負けるはずがないっ!!!

 

 

負けてなるものかっ!

 

 

 

リビングには

 

 

張り詰めた空気

 

 

 

「お〜ん?」

 

 

と余裕綽綽

 

スマホゲームをしながら待つなし子

 

 

 

僕は身体を横に向け

 

 

手と足をピンと伸ばす。

 

 

 

なるべく一直線になるように

 

 

 

その方が加速できるからっ!

 

 

 

見守る天使な奥様とゲラお

 

 

 

そして

 

 

 

僕は意を決して回転を始めた。

 

 

 

 

 

うぉりゃぁぁぁっ!!!

 

 

 

 

なし子までの距離は約4メートル

 

 

 

 

行ける

 

 

 

僕は回転しながら、

 

なし子との距離

今の回転の様子

 

そこから、僕の身体のどの部分がなし子の足の裏にぶつかるのかを

 

 

このIQ136の頭脳(小6の時に測定)で計算した

 

 

よし

 

脇腹はないっ!

 

 

 

そう確信した僕は

 

 

最後の力を振り絞って回転する

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

その瞬間は訪れた

 

 

 

 

 

 

僕の目算では

 

 

僕の腹筋がなし子の足の裏に激突するはずであった。

 

 

 

その瞬間に腹に力を入れれば

 

僕の鋼鉄?の腹筋がなし子の足裏を粉砕するはずであった。

 

 

 

しかし

 

 

 

なし子も

 

 

 

計算してやがった

 

 

 

スマホゲームをしていると見せかけて

 

 

 

奴は見ていたのだ

 

僕のウィークポイントを見極めていたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕の腹筋がなし子の足裏まで

 

 

 

残り「90度」になった瞬間

 

つまり、仰向けになった瞬間

 

 

 

なし子は

 

 

 

 

 

自分の身体を下にずらした…

 

 

 

 

 

結果として

 

 

 

なし子の足は前に伸び

 

 

 

 

 

 

僕のソフティー

 

 

 

ポニョンとした

 

 

 

可愛げのある

 

 

 

無防備な

 

 

 

美白な

 

 

 

 

脇腹に

 

 

 

 

 

突き刺さった…

 

 

 

 

 

 

 

45歳のおじさんのボデーの中で

 

 

 

最も弱く

 

 

最も愛すべき

 

 

脇腹に

 

 

 

 

二本の大木が

 

 

 

鈍い音を立てて突き刺さった。

 

 

 

 

 

 

まさに「カウンターキック」

 

 

 

 

いや

 

 

 

「カウンター大木」

 

 

 

とはこのことか…

 

 

 

 

 

 

休みを明日に控え

 

 

 

 

ちょっと調子に乗った僕が悪いのか…