川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「これって英語で何て言うの?」からの脱却

中学に入学し、

 

定期テストで点を取り、

 

その蓄積で高校受験を突破するためには

 

ガッチリとした

 

ゴリゴリの英文法をマスターしなければならない。

 

しかし、

 

小学生の多くにとって

 

英語とは

 

「この日本語、英語だと何て言うの?」

 

という

 

翻訳の感覚が強い。

 

もちろん、それはそれで悪いことではない。

 

喋り言葉として英語をマスターするのであれば

 

その感覚は大切。

 

しかし

 

学校のテストは

 

それでは勝ち抜けない。

 

英文法の仕組みを体系的に把握し

 

細かいところを理解し、覚えていく。

 

この蓄積が不可欠なんだ。

 

しかしね

 

それを小学生に教えるのは

 

かなりハードルが高い。

 

目の前にある英文

 

単語を覚えてしまえば

 

意味は分かる。

 

しかし、それだけではダメなんだ。

 

そこに文法的な概念を上乗せし

 

その仕組みを理解させていかないと。

 

 

 

でもね

 

これ、「相手が小学生だ」と固定して考えていくと

 

かなり簡単に刷り込むことができるんだよ。

 

その結果が、今の中2の代から。

 

第一中、富士見中、初雁中

 

川越市街地の3中学、全て学年一位は松江っ子。

 

富士見中は、1位から6位までが全員松江っ子♫

 

先んずれば人を制す

 

正しい先取りの仕方を実践し

 

ちゃんと結果を出せるようになった。

 

もちろん、この指導法で現中1も鍛えた。

 

そして現小6以下は

 

さらにもう一段引き上げるために

 

新たな手法も交えている。

 

現小6、小5の子たちや保護者なら分かるね?

 

君たちはもっとかっ飛ぶよ。