川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

昨夜はなし子と相撲をした

昨夜11時過ぎ

 

我がプリンセスがなし子と相撲をして

 

「うっ!うっ!動かない!まるで岩のようだっ!」

 

と叫んでいた。

 

なし子「お〜ん?」

 

ビクともしないなし子。

 

奥様「ちょっと、ごーにゃん!交代交代!!マジで動かないからっ!」

 

ちなみになし子

 

身長などのスペックは、

 

我が奥様とほとんど変わらない。

 

まさか、

 

そんな動かないなんてことはあるのか?

 

そう思い、

 

「お〜ん」

 

と余裕ぶちかましているなし子の前に立つ45歳のおじさん。

 

いくら体育会系とはいえ、

 

まさか、16歳のJKに負けるわけにもいかない。

 

奥様の掛け声で

 

なし子に向けて飛び込む45歳

 

大丈夫だ。

 

脚はもつれてない。

 

腰を落としたまま、すり足をこころがけて

 

そそり立つなし子に下から当たる!

 

「おーん笑」

 

こちらを余裕の表情で見下ろすなし子

 

こんなになし子は大きかったか?

 

しかし

 

だからと言って、怯むわけにはいかない。

 

ここで父親の威厳を見せつけてやらねばっ!!

 

 

 

ごすっ

 

 

16歳のJKと45歳のおじいがぶつかると

 

こんな音が出るものなのか

 

 

なし子が凄まじい速さで

 

僕のズボンのベルトを掴んでくる

 

 

こ、こいつは…

 

強いだけではない

 

 

速いっ!!

 

 

我が奥様、体幹だけで勝てなかったわけではない。

 

間違いない。

 

 

なし子は

 

 

相撲を知っている!!

 

 

なぜだ

 

 

なぜなんだ、なし子。

 

 

 

お前の通う高校は

 

偏差値70のお嬢様私立高校ではないのかっ!!

 

 

なぜ

 

 

相撲を知ったのだっ!!!

 

 

まさか

 

 

 

あのお嬢様たちが

 

 

 

休み時間に相撲をやっているとでも言うのかっ!!

 

 

そんな疑問も頭を過るが

 

 

 

そんなことに気を取られている間に

 

 

なし子の両手は

 

僕のズボンのベルトを左右、がっぷりと掴んでいる。

 

 

 

ギリギリっ!!

 

 

捻じ上げられる45歳のおじさんのズボン

 

 

 

お尻に食い込む!

 

 

い、いかん

 

 

このままだと

 

 

 

お尻が3つに割れてしまうっ!!

 

 

 

 

ぼくも負けじとなし子のベルトを掴む

 

 

 

 

がっぷり四つである。

 

 

 

 

なし子「お〜ん?おぉ〜ん?」

 

 

 

 

僕は腕に力を込めて、なし子の身体を引き寄せた

 

 

 

いや

 

 

 

引き寄せようとした。

 

 

 

 

しかしっ!全く動かないっ!腰が低い!硬い!石?岩?

 

 

 

僕の攻め手にイラついたのか

 

 

 

なし子の力が増幅する。

 

 

 

 

僕の身体に密着したその腕が

 

 

ふた回りくらい太くなる感覚

 

 

 

筋肉だ

 

 

 

なし子の筋肉が

 

 

本気を出したのだ

 

 

 

どうする

 

 

 

このままだと、僕のお尻が3つに割れ

 

 

そのまま倒されるっ!!!

 

 

 

しかしっ!!!

 

 

 

倒れるわけにはいかない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は

 

 

 

 

 

 

回った

 

 

 

 

 

なし子とがっぷりと四つに組んだまま

 

 

 

 

45歳のおじいの軽やかなステップで回った

 

 

 

のである。

 

 

 

倒されたくない

 

押されたくない

 

 

 

だから

 

 

 

僕は

 

 

 

 

華麗に回った

 

 

 

 

のである。

 

 

 

 

「お〜ん?」

 

 

 

 

なし子もがっぷり四つに組んだまま

 

 

 

 

回る

 

 

 

 

 

 

16歳JKと、45歳おじいが家のリビングの真ん中で四つに組んだまま回る

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

その時

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

訪れた。

 

 

 

 

 

 

回るなし子

 

 

 

 

おそらく意識が「相撲」から「ダンス」にシフトしたのだろう。

 

 

 

僕は

 

 

 

その瞬間を見逃さなかった

 

 

 

 

 

すかさず左足を前に出し

 

 

 

 

なし子の右足の進路に置いた。

 

 

 

そして

 

 

 

 

「ゔぉ〜ん」

 

 

 

 

という声とともに

 

 

 

 

崩れ落ちるなし子。

 

 

 

 

 

勝った

 

 

 

勝った

 

 

 

勝った!!!

 

 

 

 

 

「勝ったよ!俺!勝ったよーー」

 

 

 

そう言って、奥様に抱きついた瞬間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がっぷり四つに組む

 

 

 

45歳おじいと41歳プリンセス

 

 

 

 

 

ゲラおの国立前期入試まで

 

 

 

1ヶ月を切った

 

 

 

そんな夜の真島家

 

 

 

 

で、あった。