川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

上位の子の上に壁を作るな

学年でも上位の成績を取ってくるような子は

 

例外なく「真面目」である。

 

そういう子達は、例えば塾のテスト対策

 

塾が配る問題や課題を真面目にやるんだよね。

 

そして設定された30分間よりも

 

10分も早く終わる。

 

できない問題はない。

 

それでも真面目な彼らは

 

見直しに残りの時間を割く。

 

そして

 

時間になり、解説が始まる。

 

「ここはテストでも狙われるよ!」

 

そう言う講師の話も

 

分かりきっているのに、真面目に聞く。

 

その問題は正解

 

次の問題も正解。

 

結局、全部正解。

 

その子はほっとして、次の課題に取り組む。

 

 

実はこれ、

 

こういう上位の子達の上に「天井」を作っているのだ。

 

本当は、もっともっと伸びるのに。

 

 

「自分で好きなようにやっていいよ」

 

そう伝えてあげれば、

 

その子はもっともっとたくさんの問題を解くことができるし

 

もっともっとたくさんのことを覚える時間が作れるのに。

 

 

 

松江塾はこの

 

「上位の子達を伸ばしきれない壁」を作らない。

 

 

 

そのことが結果的に難関大突破の道を切り開く。

 

 

 

 

2020年春 大学進学実績

 

<国公立>

 

一橋大学

東北大学

東京農工大学

信州大学

国際教養大学

 

<私立大学>

 

青山学院大学経営学

青山学院大学文学部

中央大学法学部

法政大学法学部

学習院大学文学部

他多数

 

 

学力上位の子達を正しく伸ばすには

 

塾としてはかなり癖の強いノウハウが必要なのである。

 

 

 

 

松江塾はそこに特化した塾だ。

 

 

 

 

じゃあ、中位下位の子は?

 

 

 

ふむ

 

 

誰しもが思うところだろう。

 

 

 

松江塾にも偏差値50程度の高校に進学する子達もいる。

 

 

その子達は

 

 

上位の子達がガチで頑張り自学する時間

 

 

それと同じ時間、机に向かって自分なりの勉強をやり抜く

 

根性と習慣

 

これを身につけることができる。

 

 

 

このレベルの子達が通う高校には

 

 

それだけの根性と習慣を身につけている子は皆無である。

 

 

 

だからそういう高校に行っても

 

 

松江っ子は光る!!!!!

 

 

のである。

 

 

 

松江塾

 

まだまだ道の半ばにいる。

 

 

 

もっともっとノウハウを磨いていくつもりである。