学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

君達も羨望の眼差しを受けてほしい

浦高や川高、一女や大宮、川女など

 

埼玉でもトップクラスの高校の文化祭には、

 

毎年大勢の中学生や保護者が訪れる。

 

僕はここ3年間は浦高の文化祭に行ってるんだけど

 

そこで見る、

 

「これから浦高を受ける子達」や、その保護者、

 

すっごい羨望の眼差しを浦高生に向けるんだよね。

 

もしかしたら、今年受験生なのかもしれない。

 

2年後、3年後なのかもしれないよ

 

その眼差しは

 

見ていて何とも言えない気分になる。

 

僕は高校も大学もトップ校ではなかった。

 

だから、その羨望の眼差しを受けたことがない。

 

でも

 

これから高校受験や大学受験を迎える子達は

 

その可能性が

 

いや、

 

その可能性だけが

 

あるわけだよね?

 

なんとまあ

 

恵まれているのでしょう

 

羨ましいよ。

 

あんな眼差し受けることなんて

 

人生の中で、そうたくさんあることじゃないからさ。

 

中3生

 

あと半年

 

呼吸をしている時間、全部勉強してごらん。

 

入試過去問を必死で解き

 

できない問題は

 

「なぜこの答えになるんだ!」

 

「なぜ自分はこの答えにたどり着けないんだ!」

 

「何が足りないんだ!!!」

 

頭を掻き毟りながら

 

問題と向き合ってごらんよ。

 

偏差値の5や10

 

まだまだ伸びるから。

 

本気でやってごらんよ。

 

中1、中2

 

まだまだ先は長いと思っているだろう。

 

でも、

 

階段は一段ずつしか上がらないんだよ。

 

今目の前の学習内容を

 

必死で完璧にしていってごらん

 

浦和?

 

大宮?

 

一女?

 

大丈夫。

 

自信を持って挑めるようになってるから。

 

 

 

 

 

 

明日文化祭に行く子達

 

 

ここに書いた「羨望の眼差し」を

 

 

探してごらん。

 

 

僕の言ってることが

 

 

分かるはずだから。