川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

うまく行ってない子達だっているんだよ

 

あのね

 

普通の塾ブログじゃ見る機会は少ないだろうけどね

 

僕は書くよ

 

脳内にもにょもにょしてることは全部書く。

 

 

松江塾

 

当然、うまく行ってない子もいるよ。

 

たくさんいるよ。

 

いや、うまく行ってないように見える子は、ね。

 

 

どんな塾だって

 

絶対に全員がうまく行ってる!!なんてことは

 

ないからね。

 

 

 

全員が500点じゃないから、松江塾も全員がうまく行ってない

 

 

とか、そんなアホみたいなことは言わないさ。

 

 

単純に、希望した点や順位に届いてない子達

 

 

当たり前にいるさ。

 

 

 

松江塾は、「自学」を柱の一つにしているからね

 

 

「自分で頑張りなさい」

 

 

という機会がとても多い。

 

 

そうなると、当然生徒達の行動は

 

 

「その子なりの」ものになる。

 

 

そしたら、

 

 

 

やる気に溢れている子と、そうじゃない子の差は開くよね。

 

 

 

でも、松江塾はその方針を変えない。

 

 

理由は何度も書いてるから、過去記事を探してみて笑

 

 

 

無理だと思うけど…

 

 

 

あ、そうそう

 

先日松江塾保護者の方から、昔の記事でどうしてももう一度読みたいのがあって、

 

 

何月何日のだか教えてください!

 

 

 

というLINEが来たんだけど

 

 

 

さすがに無理…、と返信したら

 

 

その数日後に

 

 

 

「執念で探し出しました!」

 

 

との連絡が笑

 

 

 

申し訳ないです。

 

 

記事、

 

かきすぎですかねはんせいはしていませんこれからもがんがんかいていきますゆるしてください

 

 

 

 

話を戻そう。

 

 

自学をしないといけない環境で、頑張れないという現実

 

 

結果は当然、あまり良いものではないはず。

 

 

 

これを塾として、どう捉え、どう学びに変えさせるのか、

 

 

僕はね

 

 

 

「そうやって、完全に自分だけの力で出す結果こそ、今の君たちの自分で学ぶ力なんだよ。それを鍛えずに高校受験、乗り越えられると思うか?さらに高校生になっても輝いていられると思うのか?さらにさらに大人になって能動的に楽しく頑張って生きていくことができるのか?」

 

 

と、問いかけることにしている。

 

 

剥き出しになる自分の自学力

 

 

突きつけられる自分の本当の学ぶ力

 

 

自分の能動力

 

 

 

まず、何においても「現状」「現実」を直視しないと

 

 

改善も向上もないのである。

 

 

 

その力をも

 

 

自分で一つずつ積み上げさせる

 

 

 

それが松江塾。

 

 

 

 

 

 

足元に何もない

 

 

もしくは

 

 

欠陥だらけの基礎のまま

 

 

 

他者の力で引き上げまくった状態で上り詰め

 

 

 

 

高校生になった瞬間に

 

 

 

 

「じゃ、あとは自分で頑張ってねー」

 

 

 

と手を離した過去の松江塾

 

 

 

 

その後悔と反省は忘れない。

 

 

 

 

積み上げていく土台の高さに

 

 

個人差はあるだろう

 

 

 

それは仕方がない。

 

 

 

しかし、どんな高さであれ

 

 

自分で積み上げ、踏み固めた土台は

 

 

 

この先、きっとその子のためになるのだから。

 

 

 

 

土台の高さが高いのが正解?

 

 

低ければ失敗?うまく行ってない?

 

 

 

だとすれば、松江塾にはうまく行っていない子が多いはずだ。

 

 

 

しかし

 

 

 

僕の目には、そう映ってはいないのだよ。

 

 

 

 

分かるかね