川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

ゲラおとなし子が18人いる

コロナ休校期間が終わり

 

それと同時にスタートした

 

「浦高ママのプレ」

 

開始後1ヶ月が経過し、

 

日増しに我が天使な奥様の口から

 

「プレの子達の学習について」

 

これが出てくる回数が増えてきた。

 

 

 

 

「○○君はとにかく頭が切れる」

 

「○○ちゃんはまだゆっくり」

 

「○○君に必要なのはこれ」

 

「○○ちゃんは速いけど雑」

 

 

18人もいると、それぞれの個性や能力を掴むのに

 

ある程度の時間は必要だ。

 

その把握が進んでくると、

 

かなり的確にやるべき方や足りないこと、伸ばしやすい部分なども見えてきてるようだね。

 

 

 

僕ら夫婦の子供は

 

もう大学1年生と高校2年生。

 

なし子は推薦進学と決めているので、

 

まあ、ゆるゆると勝手に進ませる。

 

 

そうなると、

 

 

これまで培った我が子の学力を伸ばすスキルを

 

 

向ける対象がいなくなる。

 

 

 

ちょうどそのタイミングで、浦高ママのプレがスタート。

 

 

 

まるで、ゲラおとなし子が18人いるようだ。

 

 

 

さらに凄いのが、

 

 

もう1人の浦高ママと、連日連絡を取り合いながら

 

 

あの子はこうしたほうが…

 

この問題は簡単すぎる…

 

 

何やらずーっと相談している。

 

 

 

 

この凄さ、分かるかな。

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

授業進行担当(教員免許あり、元塾講師)

長男を

公立小

公立中(地元の塾通い)

浦和高校(3年間グリー部)

前期東京大学→後期筑波大合格

 

 

採点集計担当

長男を

公立小

公立中(松江塾通い)

浦和高校(高3の春までサッカー部)

前期一橋大学合格

 

 

2人とも、中学時代こそ塾に通わせたが

 

 

小学校低学年の時は

 

「完全ママ塾」で我が子を鍛えた経歴の持ち主。

 

今の時点でどれくらいの能力があれば浦和高校に余裕で合格し、

 

現役で国立大学に進学できる「基礎」があると判断できるのか。

 

それを自分で試行錯誤し、実践してきたママ達。

 

その2人が

 

毎日のようにアイデアを出し、生徒を分析し

 

問題を選び、教室をコントロールする。

 

 

 

実際に通っている子達の変化は

 

そろそろ保護者の方も感じ始めているのではないか。

 

そんなプレ

 

何と!月額3,300円!!

 

 

今、体験中の子もいるので

 

そろそろ別曜日を設定して

 

2クラス化していくかもしれない。

 

 

 

でも、確実に「締め切り」は存在する。

 

 

質は落としたくないからね。

 

 

 

 

興味のある方は是非お早めに。

 

 

 

 

majimania55@i.Softbank.jp

 

 

コピペしてメールください。

 

 

 

体験可能です♫