川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

できなかった問題は「宝」だ

 

受験生たち

 

偏差値を上げる方法は一つしかない。

 

できなかった問題をできるようにする

 

これだ。

 

答えが何だったのかを確認するのはスタートラインに立っただけ。

 

なんでそうなる?

 

そう思いながら、遠くのゴールを見つめるだけなのだ。

 

そこからもう一度じっくり問題と向き合うこと

 

もう、それしかないのだ。

 

 

 

さて、昨日までの3日間

 

中3は北辰模擬に取り組んでもらった。

 

本来なら7月に行われる範囲のものだ。

 

でも先取りを進めている中3にとっては本来何月にやるものなのかは関係ない。

 

科目別に上位陣(偏差値65以上あたりまで)を書いてみたい。

 

国語

97

94

94

90

92

86

85

81

81

 

数学

91

89

88

86

86

85

84

84

83

83

82

81

81

80

 

英語

93

93

90

90

89

89

89

88

88

87

86

85

83

81

81

80

 

 

こういった点数を取ってくる子達は

 

「できなかった問題」というものが少ない。

 

大部分の問題を解けているという時点で、できなかった問題への「悔しさ」も大きい。

 

だから特に意識させずとも、できない問題に再アタックが可能だ。

 

しかし

 

70点台

60点台

50点台

40点台

30点台

 

と点が下がっていくにつれ、

 

できない問題の方が多く、なかなか再アタックするところまで及ばないことが多い。

 

今年の中3

 

もう上位陣は自走期間に突入できるだろう。

 

高校入学後も各高校でトップ層に位置することも

 

もはや現高校部のその層の子たちと比較しても明らか。

 

だからこれからは「まだ心折れます!」という子達と向き合う。

 

 

うむ