川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

川越にある松江塾!代表真島による何でもブログ!

【美味しくいただく国語】小学生国語はここから「読む」授業へ

 

ようやく学年の漢字が終わり、ここからは恒例の「美味しくいただく国語」の始まりである。

 

まずは全学年、ランキングテストで出した文章を

 

コッテコテに煮込むように読んでいく。

 

美味しくいただくのである。

 

国語ができていない子は、つまり目の前の文字情報が脳内に届いていないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

昨日はジメジメとした曇天だった。

 

 

 

 

この文章から、想像を昨日に飛ばせない。

 

ジメジメとした、という不快感を伴った体感をイメージの中で再現しない。

 

曇天、という熟語の見た目や読みからどんよりとした灰色の空模様を想像しない。

 

 

字面から、その文字が表している世界の中に飛び込めないのだ。

 

 

のひすとこひるにのも

 

 

こんな文字の羅列を前にしているのとさほど変わらない。

 

 

これでは点数云々の話にならないんだ。

 

 

 

どうしたら国語ができるようになるのか

 

 

 

美味しくいただけばいいのさ。