川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

川越にある松江塾!代表真島による何でもブログ!

【動画公開について】僕には信念と覚悟と経験があるから

 

まず、去年までの「追いつき」から得た経験だ。

 

去年までは途中入塾の人たちのために動画だけを全てお渡していた。

 

10本ずつくらいまとめて。

 

もちろんそれで「分かりやすい」「できるようになった」という声が出た一方で、

 

やはり動画だけだとその時は分かっても定着しない

 

というお悩みも随分ともらっていたのだ。

 

これはそうだろう。

 

授業は所詮、「こうやればできますよ」というサンプルをお手本として提示しただけだから。

 

だから今年は途中入塾をお断りするって決めた。

 

でもそれでもありがたいことに入りたいって人が多くて、今は授業動画と毎日シリーズと全て有料でお渡しし、それが終わったら合流してもらうという流れにしたんだ。

 

この経験

 

これがある意味、「動画だけ見てもダメですよ」という部分。

 

まして連続性は持たせず、「もう!肝心なところが見えないのよね!」という状態はしっかりと保つさ。

 

さらに言うなら、納豆英文法であれば簡単に乗り越えられる中2中3の重い単元の部分は出さない。

 

これはいちばん指導力の差が出る部分だから、僕自身の指導スキルを他に見せたくないっていう気持ちが強いからね。

 

もちろんそれをどうしても学びたい!と言ってくれる塾の先生は少なからずいて、

 

今中1の生徒と一緒に授業を受けてくれてるから。

 

もちろん授業料はいただいてね。

 

 

 

 

だからこれからも、年度を変えて同じような基礎部分の授業の一部だけを繰り返しアップしてくスタイルで行くことはお約束。

 

 

 

 

 

 

そしてここからが信念と覚悟の部分。

 

 

 

あのね

 

 

今ね

 

 

僕はこの塾業界に対してイラついてるのよ。

 

AIとか?

 

その子の苦手な問題をAIが診断し、適切な難易度と分量を提示。

 

生徒はそれに取り組むことで効率的に苦手をなくし、学力を伸ばす!

 

みたいな流れ。

 

 

もしくは、徹底した管理で問題をじゃんじゃんやらせて、

 

提出!

 

丸つけ!

 

直し!

 

再テスト!

 

みたいな感じで目の前の点数を上げさせ、それを「指導」って言ってる塾

 

 

 

 

あのさ

 

 

学びって何よ?

 

 

 

自分の子供が何かを学ぶ時、

 

AIが決めたものをただやっていく姿

 

管理のもとでノルマをこなすように処理していく姿

 

 

 

 

 

そこに、あなたが望む子供の表情があるだろうか。

 

そして

 

そういう塾がこの世に増えていいんだろうか。

 

 

 

僕は僕の授業を公開し、

 

みんな笑って楽しく学んでますが、何か?

 

 

 

と問いたいし、伝えたいし、気がついてもらいたいんだ。

 

 

 

子供に、何をどう学んでもらうのが

 

大人として、指導者として望ましいのか。

 

 

 

それを多くの塾関係者、先生たちに見て、知ってもらいたい

 

 

そして「我に返ってもらいたい」んだ。

 

 

「ああ、こんな授業、自分が中学生の時に受けたかったな・・・」

 

 

そう思ってもらえれば、おそらく少しずつでも日本の教育は変わっていくはずなんだ。

 

 

もちろんね、頭のいい人たちが一生懸命に教育システムというものを考え、変え、構築しているのは知ってる。

 

でも

 

その根幹は何か。

 

 

 

人が何かを知り、感動し、血肉としていく時に

 

 

何が必要なのか。

 

 

 

 

僕は僕の授業の中にそれを詰め込んでいるつもりなんだ。

 

 

頭なんて大して良くもないさ。

 

僕よりも勉強できる指導者は腐るほどいるだろう。

 

 

でも

 

 

僕には自負がある。

 

 

 

僕が日本で一番、生徒たちの脳みそと心にダイレクトに届く言葉を発してる、と。

 

 

 

 

それを子供達の前で話し、指導し、少なからず影響を及ぼす大人たちに見てもらいたいんだ。

 

 

 

 

 

 

 

これが僕の信念と覚悟

 

 

 

 

である。