川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

親よ、子供の内面的成長速度に置いてかれるな

 

反抗期や子供との距離感に悩む親は多い。

 

その原因の多くは、

 

子供の内面的成長速度を見誤っているか、

 

そもそも、そういう観点から子供を見ていないか

 

そのどちらかであると思う。

 

前にも書いたが、

 

子供から見て親が

 

「見飽きたコンテンツ」

 

になったら終わり、ということ。

 

いつまでもアンパンマンを楽しんでくれる子はいないのだ。

 

まず言葉遣い

 

そして

 

気遣い

 

 

そのレベルを子供の成長の少し先に置き続けられるかどうか。

 

 

親自身が子供に対して「見たことのない側面」を見せ続けられるか。

 

 

子供をどこかに連れていく時、夫婦でこんな会話をしたことがあるだろうか。

 

「うわー、ここはうちらが付き合ってる時に来たけど随分変わったねー」

 

とか。

 

 

お父さんとお母さんが付き合ってる頃…

 

 

子供にとって、こんな新たな情報はないよ?

 

 

頭の中に特大の刺激が与えられる瞬間だよね?

 

 

「家族」という当たり前の日常すら、子供にとって飽きられたら終わり。

 

 

距離はどんどん離れていき、そして当然親の言葉も届きにくくなる。

 

 

いつまでも新鮮なコンテンツであり続けないと。

 

 

夫婦間も同じ。

 

 

人と人との関係って、全てからが大事。

 

 

「今日は何を話してくれるんだろう…」

 

そんな期待感を持たせること。

 

 

もちろん、僕も塾の先生として常に心がけてることである。