川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

親と子の「これ何?」の違い

 

何が目の前に知らない物体があるとする。

 

だから聞く

 

「これ何?」

 

と。

 

大人にとって、それは単に「そのものが何なのか」を知りたいだけ。

 

自分の生きる世界の中にある、自分の知らない物

 

という感覚だろう。

 

f:id:goumaji:20221222114425j:image

 

こんな感じでね。

 

 

 

しかし、子供にとっては「自分の世界そのものを広げる物」なのだ。

 

f:id:goumaji:20221222114444j:image

 

この時の「これ何?」に対し、周りの大人が適切に答えることによって

 

f:id:goumaji:20221222114512j:image

 

 

こうやって子供の世界が変わるんだ。

 

 

さらに、子供の生きてきた時間は大人の半分の半分の半分の半分

 

だよね?

 

例えば30歳の親に5歳の子供がいたとしたら

 

同じ「これ何?」でも、

 

子供にとっては親の6倍の「?」なんだよ。

 

分かる?

 

 

もしそれを、「さあ」「知らないわよ」でスルーしたとしたら…

 

 

 

 

子供って、親が育てるんだよ

 

 

親の意識が育てるんだ。

 

 

そして、そうやって「差」が生まれ、広がっていくんだ。

 

 

 

怖いけど

 

 

とてもやりがいのあることだと思わない?