川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

あなたの子供はどうしたって「日本語」で思考する

 

 

見るもの

 

聞くもの

 

話すもの

 

全てが日本語のあなたの子供

 

頭の中の思考は「日本語」である。

 

であるならば、情報が染み込みやすいのは

 

日本語か、英語か

 

どっち?

 

「理解」

 

「腑に落ちる」

 

「納得」

 

は日本語でする?英語でする?

 

そう考えると、日本の子どもたちは日本語で英語を理解した方がよい。

 

そこを無視して「英語に馴染む」なんてことをさせようとするから

 

不協和音

 

しか起きなくなるんだよ。

 

 

ピアノの前に座らせて、

 

トランペットで演奏した曲を「この通りに弾いてごらん」っていうようなもの?

 

それよりももっとかけ離れた世界だよね?

 

英語と日本語って。

 

 

あなたは今何を食べているの?

What are you eating now?

 

 

この違いにちゃんと思考を切り替えた状態でついていける子って

 

 

それは本当にあなたの子供で可能なの?

 

 

 

無理よ。

 

 

 

無理。

 

 

 

だからこそ、納豆英文法。

 

 

 

日本語で英語の仕組みを理解し、納得していく方法。

 

 

これなら躓く可能性は今の英語学習よりも格段に減るはず。