川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

塾選びで失敗しないためには「普段の授業の動画を見せてください」と言えばよい

 

 

 

そろそろ新年度の入塾説明会申し込みが230人に到達する。

 

北は北海道から南は沖縄まで。

 

川越の小さな個人塾で

 

なぜこんなことが起きているのか。

 

そのきっかけはいくつかあると思うのだが

 

その中の一つは間違いなく

 

普段の授業動画の公開

 

であろう。

 

それ専用に撮られたものではなく、

 

まさに普段の授業そのままを公開。

 

そこには生徒達の声があり、笑いがあり、講師の素の言葉が溢れている。

 

塾っていうのは、実際のところ「入ってみないと何も分からない」のが現実。

 

どんなに「ガラス張り!」「風通しが良い!」とアピールしたところで

 

 

我が子が受ける日常の授業や空気感

 

というものは絶対に見えることはない。

 

保護者が見学に行くときには、日常とは絶対に違うだろうしね。

 

それを松江塾は公開した。

 

欲しい人には無料でお渡しした。

 

クオリティーはさておき、

 

「リアルな授業」

 

をお渡しし、それに対しての230名だと思っている。

 

 

 

これ

 

 

全国の個人塾が同じことをやったら

 

大手塾が圧倒的に勝ってる今の塾業界は大きく変わると思うんだ。

 

 

個人塾の塾長っていうのは、

 

組織の力に頼らずに自分の授業と指導力で生きていく!!

 

って覚悟を決めた人達だ。

 

 

当然、「自分ならやれる」という自負があるから独立開業したわけで。

 

だからその「いつもの授業」には

 

実はとんでもないパワーがあるんだよね。

 

 

いろんな塾にそういう動画はあるけども

 

 

それは

 

 

編集されて切り取られたもの

 

 

であることがほとんどだよね?

 

 

 

でも、そこは考え方を大きく変えるべきだ。

 

 

無編集、リアルそのもの

 

 

それこそ、個人塾の価値が伝わる唯一の方法なんじゃないか。

 

 

 

逆に、それができないのなら

 

大切な子供をお金いただいて預かってはいけないと思うんだよね。

 

 

塾選びは子供の学力は当然、その先の人生をも変える。

 

 

であるならば、

 

 

 

「普段の授業動画を1週間分くらい見せてもらって良いですか?」

 

 

って言うのが当たり前の時代がすぐそこまで来てると思うよ。

 

 

 

休んだ子達のため

 

復習のため

 

 

授業動画を撮ることはコロナで当たり前になったからね。