川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

英会話ベースで早期英語学習をスタートした子達はある呪縛に取り憑かれている

 

 

英会話ペースで早期英語をスタートさせた子達は、

 

かなりの高確率で「土台スカスカ」になる。

 

ここで言う「土台スカスカ」とは、

 

問題が解けない状態

 

である。

 

 

 

 

英検

問題集

学校のテスト

 

 

目の前に次々と姿を表す問題

 

それを「知っている」「聞いたことがある」のなら解けるが

 

「知らない」「聞いたことがない」と解けない。

 

 

そういう学習キャリアの子達を何人も見てきているが

 

彼らは「知っているフレーズ」の呪縛に取り憑かれているんだよね。

 

例えば

 

What

 

から始まる文は

 

 

What is

 

までがセットとして頭に入ってしまう。

 

 

だから

 

 

What's do you like 

 

 

なんて平気で書く。

 

 

 

go

 

 

なんかもそうだよね

 

 

go to

 

がセットで離れない。

 

 

だから

 

 

I go to there.

 

 

とかね。

 

 

want

 

もそうか。

 

 

want to

 

の呪縛にガッチリと取り憑かれてる笑

 

 

だから

 

 

I want to an apple.

 

がどうして間違いなのか全く分かってくれない。

 

 

アイ ハヴァ

 

 

なんていうフレーズもこびりついてるし。

 

 

How are you?

 

なら秒で書けるのに

 

How is he?

 

が正解なのか不安になる。

 

 

 

 

ルールや理由理屈で納得してないから

 

 

「聞いたことがあるか呪縛」から逃れられないんだよね。

 

 

 

納豆英文法は、まずそこをぶち壊すところから始める。

 

 

 

納豆英文法のスタートから追いつきコースを走り始めた子達から

 

 

「初めて平均点超えた!」

 

という報告が続々ときている♫

 

 

そりゃそーだよね

 

 

英単語や英文にはね、数式みたいな明確な公式があるんだよ。

 

しかも

 

その公式の数は数学よりも極端に少ないし。

 

 

2個だよ?

 

 

 

 

納豆英文法の世界では、ね。