川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

納豆英文法で英語嫌いはかなりの高確率で克服できる!

 

日本の心、納豆。

 

あの奇妙な食べ物がなぜ日本人の心を捉えて離さないのか。

 

だって、

 

腐ってるんだよ?

 

まあ、厳密には腐敗じゃなくて発酵だけどね。

 

そんな納豆。

 

なぜか僕の英語の授業ではよく出てくる。

 

英語が嫌いになる根本原因は

 

文法を習得すべきなのに新しい単語が次々に出てきて理解の妨げになる!

 

これなんだよね。

 

例えばサッカーで、ヘディングシュートを習得したいのに

 

キーパーもディフェンスもガチで止めに来てる中で練習するイメージ。

 

頭にボールが当たるより前にディフェンスに身体入れられてジャンプすらできない状態。

 

 

指導者の意図は分かるよ?

 

 

試合の中ではフリーでヘディングできるタイミングなんてないから。

 

だからディフェンスもキーパーもごちゃごちゃいるゴール前で練習!!

 

 

っていう意図ね。

 

 

確かにそうなんだけど、

 

次々に上がってくるボールにかすりもしない練習してて、

 

 

心折れない?

 

 

まずはさ、目の前の近いところからボールを手で投げてもらって、頭にコツンと当てるところからじゃない?

 

頭のいろんなところに当てて、そのあたり具合とか角度とか強さとかを自分で試しながら。

 

その段階でディフェンスとかキーパーとか

 

いちゃダメじゃない?

 

 

それと同じ。

 

 

英文法を学ぶ時に、次から次へと出てくる新しい単語は邪魔。

 

 

 

This is natto.

 

I  eat  natto.

 

 

これだけを使う。

 

 

誰だって分かる単語

 

 

しかも「納豆」という、日本人の日常生活に馴染んだものを使うことで

 

 

英語なんだけど、日本語のような親しみも持てる。

 

 

単語が怖くない状態で、文法の「核」だけを学ぶ。

 

 

それが納豆英文法。

 

 

 

多分、かなりの高確率で英語嫌いは克服できるはずなんだ。

 

 

 

今月いっぱいで動画無料プレゼントは終了。

 

 

まだ見てない人はお早めに。

 

 

 

僕に直接メールする場合は

 

 

majimania55@i.Softbank.jp

 

 

をコピペしてメールを。

 

 

公式ホームページからリクエストの場合は

 

 

お問い合わせフォームからどうぞ。