川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「ねえ!来年松江塾辞める?」と堂々と話す子達

 

毎年、この時期になると多くなる。

 

特にプレの小3と小学部の小6。

 

松江塾の仕組み的に、プレから小4本かに上がる時と、

 

小学部本科の小6から中学部本科の中1の上がるときが

 

最も退塾が多くなるのだ。

 

プレは「楽しい!」「遊んでるみたい!」「ご褒美!」という空間から

 

「楽しい!」「毎回テスト!」「合格!不合格!」という空間にステップアップ!

 

これに本人か保護者の方のどちらかがついてこれなくなる。

 

さらに小6から中1

 

これは最も変化のでかいタイミングだ。

 

週2回、夕方の2時間だけの授業。

 

自学日もあるが、それも週2日、夕方の2時間だけ。

 

それが中学部本科になると週5日の授業日!しかも2時間40分!

 

毎日文系と理系の授業があり、毎日自学の時間もある。

 

さらに定期テスト前は基本的にはオフ日がなくなる。

 

ちょっと調べてみてもらえれば分かるが、

 

川越で最もガチ

 

であることは間違いないだろう。

 

川越に限らず、かな。

 

僕は全国に知り合いの塾長がいて、とんでもない結果を出す塾の塾長も多い。

 

その塾と比べても、松江塾は同じくらいのハードさだから。

 

でも

 

そうじゃなきゃ、3年連続で東大・一橋大の現役合格なんてでやしない。

 

浦和高校川越高校市立浦和高校といったトップ高の学年1桁が何人も誕生するなんて不可能だからだ。

 

スポーツで言うなら、「習い事クラス」から「選手育成コース」に上がるようなものだと思う。

 

 

だから

 

僕の中ではこの時期の退塾は仕方がないことだと思っている。

 

 

こっちは本気だから、本気で頑張る子達とだけ前に進んでいく。