川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

【重要告知】納豆英文法の最初の最初!小3小2向け無料準備講座開講!

 

 

現小3、現小2のプレっ子達を対象に

 

小4から本格的に学び始める納豆英文法の最初の最初の授業を

 

「本科体験」

「オンライン体験」

 

という意味合いも込めて開講することにしました。

 

まずは11月17日木曜日!

 

時間は5時からB館で!

 

約50分間の英語の授業!

 

対面でもオンラインでも参加可能!

 

ご希望の方は、僕にLINEか公式ホームページからお問い合わせください。

 

専用のグループに招待します。

 

この授業は録画し、グループに参加した方全員にお渡しします。

 

当日参加できなくても動画は翌日から見ることが可能です!

 

 

 

幼少期から英語を学び始めて、

 

最初は我が子が綺麗な発音で単語を言ったり挨拶したりする姿に目を細める日々だったことでしょう。

 

リスニングもできていて、我が子の英語はこの先大丈夫!

 

と思われたことでしょう。

 

しかし

 

僕たちは日本人で、日本語に囲まれて生活しています。

 

考える時も日本語です。

 

早期からの英語学習で多少の単語やフレーズ、会話ができていたとしても

 

「幼稚園から英語習ってるんだ!すごいね!じゃあ、英語得意なんだね!」

 

と言われた時の、お子様のあのなんとも言えない不安な顔

 

見たことありますか?

 

今日LINEで繋がった保護者の方のお子様

 

その中学の英語の平均点は

 

33点

 

だったそうです。

 

あの子もその子も英語を習っていたのに、です。

 

これが今の英語教育の成れの果て、なんです。

 

なぜ、そんなことになるのでしょうか。

 

 

それは

 

 

なんか英語が怖い

なんか英語が不安

なんか英語が楽しくない

 

 

からなんです。

 

 

要は「得体が知れない」からなんです。

 

楽しく歌えば良い?

楽しくゲーム?カルタ?

 

それでは、その時だけ楽しいだけです。

 

そこに「理解」と「納得」がなく、

 

それを手にしてからの「没入」や「思考」がないからです。

 

 

母語であれば、そういうものを抜きにしていずれ誰でも習得ができるでしょう。

 

 

しかし、そんな母語習得と同じ環境はそう簡単には手に入りません。

 

いずれみんな「勉強」として英語と向き合います。

 

挨拶とフレーズ、スラングは役に立たないのです。

 

 

松江塾の小4は、そういった今の英語教育、つまり

 

「なんとなく聞いて」

「なんとなく繰り返し言って」

「なんとなく会話して」

「なんとかく単語を覚えて」

 

という「なんとなく」を完全に排除します。

 

そして多くの大人達が当時感じた「モヤッ」とした感覚。

 

 

2×6=12

 

これは2が6個あることを求める計算だ!

 

 

というレベルでくっきりと解像度を上げた理解を

 

英語にも構築していきます。

 

 

この準備講座は、月に一度のペースで開催します。

 

アルファベットの小文字すら終わらないかもしれません。

 

 

しかし、この授業を通じて

 

 

英語とはこのようにきめ細かく細部にこだわり積み上げていけば必ず簡単だと感じるんだ!

 

と実感できることと思います。

 

さらにそれよりも大事なこと

 

 

「人の話は目で聞く」

 

ということが身につきます。

 

学力上位層が間違いなく持っている要素です。

 

 

そして、

 

「授業を受けて笑いまくる」

 

という、松江塾最大の特長も体験できるでしょう。

 

 

すでにLINEで繋がっている外部の方は僕にLINEをください。

 

まだ繋がっていない方は公式ホームページからお問い合わせください。

 

 

 

もちろん松江塾ですから、参加したからといって入塾をお誘いすることは絶対にいたしません。

 

 

ではでは。

 

 

 

未来の映画大好きっ子達と出会えることを楽しみにしています。

 

 

 

最後に、現プレっ子達は

 

 

真島先生は全然怖くないってことも分かるはずです笑