川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

中学受験の子ほど「自学」の大切さを知ってほしい

 

 

 

f:id:goumaji:20221014104203j:image

 

受かれば天国、落ちれば地獄

 

そんな気持ちを一番強く感じているのは間違いなく

 

中学受験真っ只中のママ達!

 

ではないだろうか。

 

まあ、いちいち書かずとも分かってもらえるはずだから話を先に進めるよ。

 

最初に書いた気持ちが強ければ強いほどね

 

 

「受かるためなら何でもやる!」

 

みたいな気持ちになってくるよね。

 

 

「はい!これやって!」

 

「次はこれ!」

 

「何でできないの!」

 

「全部覚えて!!」

 

「週末、テストでしょ!!」

 

 

っていうように、我が子の「受かるための力」を見えないコップに水を貯めるが如く

 

 

毎日毎日気合いを入れる中受ママ達。

 

 

全ては「合格」のため。

 

 

 

我が子が望む合格

 

 

なのかもしれないが

 

本心では

 

私が望む合格

 

であることも事実。

 

 

 

別にそれは否定しないよ

 

 

親ってそういうものだから。

 

 

僕も親だからよーく分かる。

 

 

 

 

 

さて

 

そんな気合いも身を結び、晴れて合格!

 

 

天国だ!!!

 

 

 

と思って入学式に参加♫

 

 

横を見ても

前を見ても

後ろを見ても

 

 

ともにこれまで頑張らないてきた仲間、同士

 

中学受験前のあの「ギスギス」したライバルママ達とは大違い。

 

 

みんなあの入試を潜り抜けてきた仲間♫

 

お友達♫

 

 

 

 

 

 

って感じるのは

 

 

4月の第二週あたりまで。

 

 

 

学校に慣れ、友達もできた我が子から伝わってくる

 

同級生のリアルな姿…

 

 

 

模試で全国何位を取ったことがある子

 

すでに英検○級受かってる子

 

凄い地域に住んでる子

 

 

少しずつ、周りの子達の輪郭がクッキリしてくるにつれ…

 

 

 

やばい、モンスター達ばかりだ…

 

 

と気づくんだ。

 

 

 

でもね

 

もう、この時のママ達は

 

 

数ヶ月前とは別人になってるんだよ。

 

 

受験が終わり、大きく息を吐いてしまったから。

 

 

さらにそこに不思議な勘違いが乗る。

 

 

「あの入試を突破した我が子なら大丈夫だろう。」

 

という不思議な自負、自信。

 

 

でもね

 

考えてみてね

 

 

あなたの子供の同級生になった子達

 

 

全員突破してきてるから

 

 

 

つまり、

 

多少の実力差こそあれ、

 

ほぼ似たような実力

 

 

であることは間違いないんだ。

 

 

「でもSAPI○模試ではいつも上位だったし…」

 

っていうものも自信の根拠にしたくなるよね。

 

 

でもさ

 

中学での序列は、中学内容の勉強で決まるんですけどぉぉぉぉ!

 

鶴亀算

濃度算

仕事算

 

 

 

そういうの、使わないんですけどぉぉぉぉ!

 

 

 

身につけたパターンとか

 

役に立たないんですけどぉぉぉぉ!

 

 

 

あのね

 

一度しっかりと考えてほしいんだ。

 

どの中学でもね

 

 

下半分はその入った中学に見合う大学には行けない、という現実を。

 

 

さらにね、

 

中高一貫の場合は「高校受験がない」んだよ。

 

 

これはメリットでもあるけど、デメリットも大きいよ。

 

 

受験の後で「カクン」と下がったやる気やモチベーション

 

その状態で下半分に入ってしまったら

 

そのままずるずると下に定着。

 

高校受験があればそこでスイッチが入るきっかけにもなるけど

 

一貫校はそれもなく、そのまま高校生になる。

 

 

よね?

 

 

 

つまり、

 

 

「下に固定する固さがどんどん固くなる」

 

んだよね。

 

 

要は、復活するのがどんどん厳しくなるってことなのよ。

 

 

 

 

 

じゃあ、結局はどうすればいいの?

 

 

 

ってなるよね。

 

 

 

 

てか、もう分かるよね?

 

 

 

結局、中学受験においても「自学」ってものが絶対に大切なんだ。

 

 

自分で学ぶ力。

 

 

何を言われずとも自分で判断して自分で頑張る力ね。

 

 

 

まあ、そんなことは分かってるとは思うんだけど、

 

 

言わないとちっともやらないんでしょ?

 

 

 

それはね、あなたの思いが強すぎて

 

 

かなり小さい頃から「やらせる」ってことを当たり前にしてきたからなんだ。

 

 

それはだめ。

 

 

あの中学に受かる半分は、その中学に見合う大学じゃないって現実を

 

よくよく考えて。

 

 

上半分の子達は

 

 

さらに嘘みたいに上をいくスーパー課金勢

 

もしくは

 

地頭モンスター

 

もしくは

 

自学略モンスター

 

 

だからね。

 

 

だから、「私の力で受からせた!」子は入る前から下半分確定組だよ?

 

 

 

 

自学できない子は

 

どうしたって上には行けない。

 

 

そして

 

 

自学力は自学することでしか身につかないんだ。

 

 

昨日スタートした「中受!自学松江塾!!」に、

 

今朝もお問い合わせをいただいた。

 

 

これまで頭では分かっていた「自学」の大切さ

 

 

それに反比例するような我が子の自学力のなさ

 

 

とりあえず目の前にある「受験」という不安の向こう側にチラチラ見える「入学後の我が子の姿」

 

 

そこで松江塾の自学というものにアンテナが引っかかってくれたんだと思う。

 

 

すごく大事なことだから、

 

 

しっかり考えてね。