川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

親子で「意地」を膨らませることが可能

 

これまで我が子2人の子育てをしてきて

 

いろんなことに取り組んできた。

 

勉強だけでなく、スポーツもね。

 

その中で、我が子だけでなくそこに一緒にいた友達やチームメイト、その親を見てきた思うことがある。

 

上位にいる子達やその親

 

目立って上手い子達やその親

 

彼らにはみな例外なく「意地」があった

 

と。

 

 

上手くなる

レギュラーになる

活躍する

 

そういったことへの、親子揃っての意地が。

 

 

意地

 

辞書にはなんて書いているか。

 

f:id:goumaji:20221012065900j:image

 

 

②と③だね

 

そこから感じる共通点は何か

 

 

僕のイメージでは、「真っ直ぐに突き進む槍」かな。

 

 

刺さってもなお、グイグイ力を緩めずに前進する槍。

 

 

f:id:goumaji:20221012070135p:image

 

 

その一本の槍をさ、親子でしっかり握って

 

 

「行くよ!」

 

「うん!!」

 

 

みたいに気合い入れあって

 

 

おりゃーーーーっ!!!

 

て走り出す感じ。

 

 

 

そういう強い雰囲気があったんだよね。

 

 

 

勉強って、まさにそういう雰囲気を持てた親子の勝ちじゃない?

 

 

 

親子共々MAXパワー!

 

 

今朝も5時台から自学を始める松江っ子達。

 

中3達はもう自走状態。

 

 

でもね

 

小学生達は、見てるとちょこちょこと「保護者の方の手」が画面に映るのよね。

 

 

何も、そうやって横に貼り付けって言ってるわけじゃないよ?

 

 

でも、そこには間違いなく「親の意地」があるよね?

 

 

今年から、この「勝手にオンライン自学を始める文化」が芽生えた。

 

「そうしなさい」

 

なんて言わずとも、勝手に松江っ子達の自学は始まるんだ。

 

 

この自学文化の芽生えは

 

今後かならず大きくなっていく。

 

 

必ずね。