川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

てか、納豆英文法ってつまりどういうこと?

 

わかりやすく言うとね

 

英文法を学び、理解するために邪魔な「英単語」という壁を取り払った教え方

 

例えば三単現を学ぶ時で考えてみると

 

 

 

 

 

 

 

I speak Japanese.  私は日本語を話す。

 

You like soccer.  あなたはサッカーが好きだ。

 

They use this ball.  彼らはこのボールを使う。

 

というふうに、主語が一人称、二人称、複数形で現在のことを言う時は一般動詞は原形(何もつけない)になる。

 

しかし、

 

Tom runs fast. トムは速く走る。

 

というふうに、主語が三人称になると一般動詞にsがつく。

 

 

 

 

 

こんな感じの説明、よくあるよね。

 

 

この説明の中には、13個の英単語が出てくるんだ。

 

 

どれも簡単な単語だし、別にストレスなく学べるようになってはいるよね。

 

でもね、納豆英文法ではここをこう変えるんだ。

 

 

 

 

I eat natto.  私は納豆を食べる。

 

You eat natto.  あなたは納豆を食べる。

 

They eat natto.  彼らは納豆を食べる。

 

というふうに、主語が一人称、二人称、複数形で現在のことを言う時は一般動詞は原形(何もつけない)になる。

 

しかし、

 

Tom eats natto.  トムは納豆を食べる。

 

というふうに、主語が三人称になると一般動詞にsがつく。

 

 

 

こんな感じ。

 

実際の僕の授業では、sをつけるつけないの判断で「一人称」「二人称」「三人称」「現在」という用語は使わない。

 

ただ、これについて書くと松江っ子達に怒られる笑

 

「外部の子の英語力上げてどーすんだ!」と笑

 

 

だからそこについては書かないけど、

 

でも、使う例文はまさにこのまま。

 

 

これなら、使う英単語は6個でいいんだ。

 

 

この単元で「そーゆーことか!」となるために必要な情報がむき出しになるでしょ?

 

 

これが納豆英文法ってこと。

 

 

分かる?

 

 

 

ほぼこれで全ての英文法を理解していくのが松江っ子達。

 

 

塾内平均点全学年90点超えの理由ね。

 

 

 

英単語はどーすんだ?って?

 

 

それはほら

 

 

毎日教科書を音読和訳するし、毎日和文英訳やるからね。

 

それでカバー

 

 

ん?

 

 

カバーなんてもんじゃないか

 

 

 

激伸びか!