川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

親よ!自慢の息子!自慢の娘!と言いなさい

 

これは「苦言」である。

 

保護者の方と話をしていると、我が息子、娘の悪いところばかりに目が言っている人が少なからずいる。

 

いや

 

ほとんどの方がそう、と言ってもいい。

 

分かるよ?

 

僕も親だし、紆余曲折あって大学生にまで育て上げたからね。

 

日々の生活の中で、家族とはいえイラつくことばかりだし、ストレスも溜まる。

 

そこに「期待」も大きく乗り、

 

毎日のように横から「不安」という暴風雨が吹き付ける。

 

でも、根底には「無限の愛情」がある。

 

このぐっちゃぐちゃの中で毎日子育てが行われるんだ。

 

分かる?

 

 

土台に分厚い愛情があり、

 

そこからたけのこのように芽を出し、ガンガン伸びる。

 

綺麗な花も咲かせるけど、たまにとんでもない臭気を放つ。

 

触ろうとすると突然トゲが飛び出し、指を刺してくる。

 

横を見ると、可憐な花ばかりを咲かせる他のたけのこがあって、

 

自分の大事なたけのこを追い越して成長。

 

そして不定期に突然襲ってくる暴風雨、雷、大雪

 

守ってやりたいが、近づくとトゲをだす。

 

それなのに、こっちを見て甘えたそうにしている。

 

そんな姿

 

 

 

ついつい、トゲのことばかりに目が向くよね。

 

ついつい、臭気のことばかりに目が行くよね。

 

 

 

でもさ

 

それは直らないよ?

 

 

そーゆーもんだから。

 

 

旦那さんの鼻が低いって文句言っても仕方なくない?

 

 

しかも、それもひっくるめて好きになって結婚したんでしょ?

 

 

毎日「鼻の低さ、どうにかならないの?」

 

って言われても、旦那さんはどうしようもないよねぇ。

 

 

何かしらのやる気が出たり、改善したりするの?

 

 

しないよね?

 

 

これまで僕は多くの

 

「ガンガン伸びる子」

 

「上位にいる子」

 

達を何人も何十人も何百人も見てきた。

 

 

その子達の保護者の方は

 

謙遜こそすれ、我が子に対して

 

 

「私たちの自慢の息子!」

 

「私たちの自慢の娘!」

 

という意識をすっごく感じるんだよね。

 

 

 

っていうか、どんなに我が子の文句を言いまくってても、根底には必ずそういう気持ちはあるはずなんだ。

 

 

そこをもっとしっかりと見つめてほしい。

 

そして、必ず言語化して欲しいんだ。

 

 

 

言語化しないと頭に残らないから。

 

 

 

 

おー

 

 

そうだそうだ

 

 

 

今後の新規の方には

 

 

「お子様の、どこが自慢ですか?」

 

 

と聞くことにしよう♫

 

 

LINEに文字が残るように。

 

 

 

そうしよう

 

そうしよう。