川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

内申の影響を受けない当日点とは

 

公立高校入試で最も話題になるのが

 

内申点

 

である。

 

これに対する不安がゆえに中学受験を選択する人も多いと聞く。

 

「うちの子は人から低く評価されるタイプだから…」

 

ということだろうか。

 

 

まあ、これに関しては思うところも多いが

 

 

今回の記事はそれは無関係。

 

 

今、目の前に各高校のパーセンタイル表がある。

 

 

その偏差値なら合格者の上位何%に入る可能性が高いか、という表ね。

 

 

これと、先日から書いている偏差値による合格・不合格の人数分布とを重ねると

 

「この偏差値が取れるなら低い内申にビビる必要はない」

 

というラインが見えてくる。

 

 

つまり

 

「その偏差値ならほぼは合格者がいないゾーン」

 

というものね。

 

上位校を分析すると、上位50%だと若干名の不合格者がいる。

 

例えば浦和高校なら上位50%の偏差値は70.9

 

しかし、この偏差値帯だと合格者68名に対して3名の不合格者がいる。

 

例えば川越高校なら上位50%の偏差値は67.6

 

この偏差値帯だと合格者41名に対して不合格者は3名。

 

つまり

 

ほぼ受かることは間違いないのだが、

 

①よほどに内申が低い

②よほどに当日点が低い

 

のどちらかが原因。

 

しかし、これまで見てきた中では①が要因となって落ちているケースの方が多いように思う。

 

 

そこで

 

この50%の数字に「1」を加算する

 

 

すると、「ほぼ不合格者がいない偏差値」が見えてくる。

 

 

それをランキング形式で書いてみよう。

 

 

今後の目標になるはずだからね。

 

 

 

大宮理数科 男子74  女子74

大宮普通科 男子72.1  女子72.3

 

浦和 71.9

 

浦和一女 71.4

 

市立浦和 男子69.6  女子70

 

川高 68.6

 

川女 67.6

 

所沢北理数科 男子68.3  女子67.8

所沢北普通科 男子65.4  女子65.4

 

越谷北理数科 男子68.4  女子67.8

越谷北普通科 男子65.8  女子66.4

 

川越南 男子61.6  女子61.6

 

所沢 男子60  女子59.8

 

大宮高校の理数科に関してだけは

 

偏差値74でも1人不合格者が出ているから

 

このデータは参考程度にしてもらいたい。