川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

んなわけあるかっ!

 

説明会の後、プリントの丸付けや毎日シリーズのためにカフェで作業。

 

しばらくすると隣のソファー席に老夫婦が来店。

 

「いつもありがとうございます😊」

 

と店員に言われているところからして、常連なのだろう。

 

ご主人がホットカフェラテ

 

ご婦人がアイスコーヒーを注文した。

 

まあ、そんなことは特に意識にも留めずに作業に専念。

 

途中途中で塾長達の爆裂グループに書き込み。

 

今日は「競争環境と自己肯定感」についての話題が多いね。

 

さんて考えながら数分が経過。

 

しばらくすると、ご婦人の方がモニョモニョ言い始めた。

 

 

「いつもと味が違う」

 

「なんか美味しくない」

 

声のトーンはだんだん大きくなり、我が天使も気がつき、僕の方をチラチラと見る。

 

すると

 

「すみませーん!」

 

と、大声を張り上げるご婦人。

 

 

すぐに店員が来ると

 

「なんかいつもの味と違って美味しくないのよ。なんなの?これ」

 

と、語気こそ弱めながらもかなりのクレーム圧。

 

「確認して来ますので、少々お待ちください。」

 

と店員。

 

サッと奥に入っていく。

 

数分後、店長登場。

 

「なんかねぇ、いつもここに来てるのよ。」

 

「ありがとうございます😊」

 

「今日のアイスコーヒー、なんかいつもと味が違うのよ。美味しくないのよ。美味しいからいつもここに来てるに」

 

「いつも来店、ありがとうございます😊。今確認し、新しいものを持ってきますね。」

 

 

「あら、そぅ?でも本当にいつもと味が違うのよ」

 

と、ご婦人も主張を変えない。

 

店長も

 

「特にいつもと豆が違うとか、入れ方が違うとかはないんですが…」

 

と粘る。

 

 

すると

 

ご婦人が

 

まさかの一言を放った。

 

 

 

 

「ちょっと今ここで飲んでみてくれる?これ。」

 

 

と、さっきまで自分が飲んでいたアイスコーヒーを店長に差し出した!

 

 

 

ストローもそのままで。

 

 

 

 

凍りつく真島夫婦

 

 

 

どうする…店長…

 

 

言葉は交わさず、目だけで語る真島夫婦。

 

 

なんとか、この苦境を乗り切ってくれ!若い店長よ!

 

 

そう、目で伝え合う真島夫婦。

 

 

 

店長は話題を逸らすも、逃してはくれない。

 

 

 

「いいから、ここで今飲んでみて?」

 

 

とご婦人。

 

 

 

店長はどう切り抜けたのか!

 

 

 

 

 

 

店長、しばしの沈黙の後…

 

 

 

「すみません、僕コーヒーアレルギーなので。」

 

 

わりと大きな声で言い切った店長!!

 

 

 

君は立派だった!

 

 

誰も傷つけない切り抜け方!

 

 

 

 

でもね…

 

 

 

真島夫婦は「んなわけあるか!」と、笑顔で無言のツッコミを笑