川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

猛者達が集うと何が起きるか

 

今、中1の英語の授業を終えた。

 

内容は動名詞だ。

 

これについては、すでに中1の時に学習済み。

 

現在進行形との違いも。

 

それについての復習はひゃーひゃー笑いながら軽く通過。

 

そして話題は本日のメインテーマである

 

不定詞と動名詞の使い分け

 

にシフト。

 

後ろが不定詞だけをとる動詞とか

 

後ろが動名詞だけになる動詞とか

 

あれね。

 

あれに関しては、覚えてしまえばOKなんだけど

 

 

やはり猛者達が集う中1だけに、

 

「なんで?」

 

という顔をしてくる。

 

賢い子達特有の、「スッキリしないと気持ち悪い」という状態ってことね。

 

だからそこから、

 

不定詞の本質

 

という話に進み、そこから動名詞の本質に展開。

 

そして最後に、

 

「じゃあ、それを踏まえたらこの文はどうなる?和文英訳してごらん」

 

そう言って、ホワイトボードに書いた文が

 

 

私は歩くことを決心した。

 

 

である。

 

 

もちろん、大部分の子が正解。

 

 

表情もスッキリ。

 

 

教室の後ろでは2人の松江っ子卒業生達がテストの○つけ中だったんだけど、

 

僕はその1人に言ったんだ。

 

「ねえ、この子達何年だと思う?」

 

 

そしたらその子は

 

「いや、中1なんでしょうけど、やってることが多分高校生でもわからない奴多いですよね」

 

と言ったんだ。

 

 

松江塾

 

 

年々、猛者達が集まるようになっている。

 

 

この勢いだと、マジで夏休み中に中2内容を終えちゃうんだけど…

 

もちろんね、毎日の音読と和文英訳をしっかりやってるからだよ?

 

 

この子達だって、それをやらなかったら絶対にここまでこれなかったはずだからね。