川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

同じ道

 

駐車場からB館、そしてA館

 

松江町の交差点を中心にして松江町一丁目と二丁目を僕は28年間、ずっと同じ道を歩いている。

 

総距離はいったいどれほどなんだろうか。

 

毎日毎日

 

授業のたびに校舎を往復。

 

おそらく長い長い川越の歴史の中でも

 

あの道を最も多く歩いた人間ではないか?

 

そんな気さえする。

 

その道を向こうから小学生の女の子が歩いてくる。

 

小さなかばんを左手に持ち、背中には大きなリュック。

 

すれ違い、言葉を交わす。

 

「こんにちは!」

 

「あ!こんにちは!!」

 

家からA館に向かう塾生だ。

 

そんな日々が毎日毎日。

 

「お!こんばんはー」

 

「こんばんは!」

 

その子は今、川女の制服を着て毎日同じ道を通って塾な通ってくる。

 

同じ町

 

同じ道

 

そんな毎日。