川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

若い塾経営者へ

 

松江塾と言ったらブログ

 

塾ブログと言ったら松江塾

 

それくらい、松江塾とブログは切っても切れない関係である。

 

最近、twitterとかでやり取りする塾長達も僕よりも若い人たちがほとんどになってきた。

 

自分としてはまだまだ若手のつもりだったのだが

 

どうやら時間というものは止まってはくれないのだと最近気づいた笑

 

さて

 

そういった若い塾長たちと話をしていると、

 

決まって行き着くのが「集客」についてである。

 

そりゃそうだ。

 

生徒がいないと始められないし、

 

多く集まってくれないと潰れちゃうし。

 

「どうしたら生徒が増えますか?」

 

っていう質問は

 

これは塾に限らず世の中の商売全てにおける永遠で最大のテーマだよね。

 

だから世の中の商売全てから学べると思うんだけどね。

 

でも、僕にその質問をしたら答えはいつも同じ。

 

発信したら良いと思う!

 

これね。

 

今の時代、商売にとっては最高の環境ばかりだと思うよ。

 

だって、どんだけ発信ツールがあるって笑

 

全部列挙できる人なんていないってくらい多いのでは?

 

松江塾の初期なんて

 

新聞広告

ポスティングチラシ

 

 

そういう紙ベースのものが圧倒的に多くて

 

それをどうやって手に取ってもらえるかってことしか考えることなんてなかったけどさ

 

 

今は違うよね?

 

その気になればいつでも無料でエンドレスに発信できる環境があるよね?

 

商売の鉄則は

 

知ってもらうこと

 

これに尽きるわけだから、

 

何を売るか

どう売るか

 

ということ以前に、

 

ここでこれを売ってますよ!って、知ってもらわないと全て無意味

 

 

なんだよね。

 

だからこそ、大事なのは

 

発信頻度

 

 

なんだよ。

 

 

f:id:goumaji:20220615112314j:image

 

これ、ここ最近の僕のこのブログのアクセス履歴

 

 

普段は大体1万前後なんだけど、

 

一昨日と昨日でニョキッと増えているのが分かると思う。

 

手書きの数字は、書いたブログの本数。

 

 

そうだ

 

 

一昨日は21本

 

昨日は19本

 

 

知り合いの塾長たちには「エグい」って言われたけど笑

 

 

こういうのを出すと、きまって「真島さんだからできる」って言われるんだけど

 

ほんとにそう?

 

 

少なくとも自分で塾を立ち上げて

 

そこに人生かけてるわけでしょ?

 

 

24時間のうち、36時間は塾のことを考えるのって

 

 

呼吸するより当たり前のことなんじゃないの?

 

 

「いや、それはそうなんですけど、なかなかブログとかで書けなくて…」

 

 

ふむふむ

 

 

思考は言語

 

 

つまり

 

 

言語化できないのなら、それは思考ではなくてイメージに過ぎないのでは?

 

 

 

イメージしかできてない想いや仕組みに

 

人は魅力を感じるだろうか。

 

 

 

理念

熱意

イズム

 

 

いくら持っていても誰かに知ってもらえなければそこには何もないのと同じ。

 

 

高校にしたってそうだよね。

 

 

学校法人というものに胡座をかいて、少しずつ魅力も規模も縮小している学校だってあるよね?

 

少子化だから…

 

って、言い訳してるんだろうけど

 

でも、バンバン生徒数も魅力も実績も伸ばしてる高校も沢山あるじゃん?

 

 

何が違うか

 

しっかり調べてみたら「発信頻度」が全く違うんだよ。

 

 

つまり

 

規模の大小に関係なく

 

 

とにもかくにも発信頻度。

 

 

そしてそれの継続。

 

 

 

 

イメージしやすいように絵で描くと

 

 

f:id:goumaji:20220615113724j:image

 

 

この青い点が自分のお店に魅力を感じてくれる可能性のある人達だとしよう。

 

そこに店舗を出す

 

f:id:goumaji:20220615113815j:image

 

すると、その店舗を目にした近くの人たちが来てくれる。

 

もっと多くのお客さんの目に触れたいのなら

 

f:id:goumaji:20220615113908j:image

 

 

こうやってたくさん店舗を出せばいい。

 

 

 

でも、現実にそれは難しい。

 

 

 

だから、その店舗の代わりをしてくれるのが

 

広告

チラシ

 

なはず。

 

 

 

その感覚をブログやtwitterInstagramにそのまま持ち込めばいいだけ。

 

 

 

そしたらほら

 

 

1日20本のブログなんて、むしろ「ちょっと少ない」くらいに感じない?

 

 

 

分かる?

 

 

 

伝わる?

 

 

 

 

まあ、同じようなことを何度も言ってきたけど、それでも

 

 

「そんな時間なくて」

 

「続かないんですよねー笑」

 

 

とか、ね…

 

 

 

まあ

 

 

僕はやるし、続けるけどね。

 

 

 

 

こうやって発信していかないと頭爆発しそうになるし。