川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

高校の先生が「塾不要」と言う理由

 

これは、偏差値65を超えるトップ校の話。

 

多くの生徒や保護者が必ずと言っていいほど聞く言葉

 

それが

 

「当校の授業にしっかりと取り組んで、テストにも万全の準備をしていれば塾は不要!」

 

これね。

 

これ、多分ね、真実だと思う。

 

おそらくそうは言っても「でも、みんな行くのでは?」と思う人も多いはず。

 

実際に通ってるって話も耳にするだろうし、

 

なんと言っても我が息子、ゲラおも通ってたからね。

 

でも、ゲラおは単に「川越駅から松江塾が遠くて移動の時間がもったいない」という理由で、自学環境だけを求めて通ったわけだし。

 

てか、「何でも聞いて」と言っていたチューターに質問しても、目の前でGoogle先生が登場することが多くて…

 

というのが現実。

 

だったら、自分で考えた方が速くね?

 

という感じだったらしいからね。

 

 

 

あのね

 

高校生になって「塾や予備校が必要かも」

 

って思う瞬間ってどういう瞬間?

 

 

それは

 

「授業についていけない!」

 

と感じた瞬間じゃない?

 

 

それは分かる。

 

 

でもさ、その状態で塾や予備校に行くじゃん。

 

するとさ、授業とセットで必ずテストや宿題がでるよね?

 

その内容を定着させるためには絶対に必要だから。

 

でも、その日も翌日も学校の授業はどんどん進むよ?

 

テストも課題もあるだろうし。

 

 

 

分かる?

 

高校生達の多くが落ちこぼれていくメカニズム。

 

 

 

学校の超速授業、課題、テスト

 

そこに部活や行事もある。

 

それで「ヤバい」と感じる子が、さらに負担を増やしていいと思う?

 

 

違くね?

 

 

やるべきことはそこじゃないよね。

 

 

まず、学校の授業を黒く濃く塗りつぶしていこうよ。

 

 

そのために、毎日机に向かおうぜって話よ。

 

 

 

分かる?

 

 

 

もうその思考パターン、やめたらいいよ。

 

 

 

 

学校の授業をしっかり聞いて、しっかり毎日自学しろって話よ。