川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「勉強なんてできなくても」という親へ

 

 

子供が可愛いから、という理由を悪用?して、

 

「勉強なんてできなくたって生きていける」

 

とか

 

「無理矢理やらせたら可哀想」

 

とか

 

よく分からないことを言う親達。

 

朝の8時半から午後3時?4時?

 

毎日8時間くらい滞在する学校という場所で

 

あなたの子供はいつも苦痛を味わってるってこと

 

ちゃんと分かってる?

 

楽しくないとか

 

面白くないとか

 

そういう時間なんじゃなくて

 

 

苦痛なんだよ?

 

 

 

たった10分の休み時間を心待ちにするだけの50分間の苦痛。

 

放課後のたった1時間程度の部活だけを心待ちにする7時間以上の苦痛。

 

 

家に帰ってきた時はね

 

その「苦痛」は言葉にしないと思うよ。

 

もう苦痛から解放されてるわけだから。

 

 

でも、学校にいる時間は「苦痛そのもの」だからね。

 

 

 

そりゃね

 

確かに勉強なんてできなくても生きていけるよ。

 

 

でも6歳から18歳までの12年間

 

 

1日の大半を過ごす場で「苦痛」を積み重ねてさせるのは

 

別に構わないの?

 

 

大切な我が子なのに?

 

可愛い我が子なのに?

 

 

 

どういう手段であれ、勉強ができるようになった子は学校が苦痛じゃない。

 

 

勉強が好きとか嫌いとかは関係なく、

 

 

できるものをやる時間は、少なくとも「苦痛」ではない。

 

 

しかし

 

勉強ができない子達は

 

 

苦痛なのだ。

 

 

 

 

それは分かっておくべきだと思うよ。