川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

BASE生に伝えたこと

 

BASE生

 

この報告の場(名前はまだない)の意義とは何か。

 

それは

 

「相互チェックによるモチベーションアップ」

 

に他ならない。

 

同じ高校の人
同じランクの高校の人

 

それは当然のこととして、

 

同じ志望大学の人

 

そういう人達が、「今日どれだけ頑張ったのか」がほぼリアルタイムで分かる場というのは

まず滅多に存在しないだろう。

 

今後徐々に増えていく中で、一人、また一人と脱落していく者が出てくるはずだ。

 

しかし、それはそれ。

 

別に何も思わない。

 

俺は知っている。

 

東京一工旧帝早慶

 

そういった難関大の扉をこじ開けていく者は、

とにかく「継続力がずば抜けている」ということを、ね。

 

コツコツ毎日やれない
些細なことを習慣化できない


この時点で難関大突破は無理だ。

 

何もどう理由付けしようが、無理なものは無理なんだ。


中には幼少期から滝のように問題を投下され、ジャブジャブの中で勉強させられて突破する子達もいる。

 

それはもしかしたら本人にとっては楽なのかもしれない。

 

自らの意志に関係なく「与えられ続ける」わけだから。

 

しかし、君達の多くはそういう環境にはいないだろう。

 

「自分で頑張る」ことに意義を見出し、なんとか突破してやろうと心に決めている者がほとんどなのではないか。


だとすれば、道は一つ。


自分を律し、今日踏ん張る!


これだ。


ただ、やはり一人では限界もあるし、ブレてしまうのも分かる。


だからこそのこの場なのだ。

 

誰か一人でいい。


特定のBASE生を

「一番の仲間で、一番のライバル」

と想定し、お互いを見守り続けながら頑張っていこう。

 

本格始動までに参加してくれている君たちを俺は「初期メンバー」と呼ぶ。

 

後から入ってきた子達に、初期メンの凄みを見せつけられるよう、早めに習慣化し、日常にしよう。