川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

プレ、思わず学年を聞いてしまった

 

「え?君何年生?」

 

僕は滅多にプレの水曜コースには顔を出さない。

 

土曜はチラチラ見てるんだけどね。

 

今日はたまたま水曜コースの子達と机を並べて、毎日シリーズの解答と問題を作っていたんだ。

 

すると、

 

 

「できました〜」

 

と言って手を挙げる子がいたので

 

その子のプリントをチェックしてみた。

 

そこには我が天使な奥様の自作問題があった。

 

「真島先生は48歳。○○君の年齢の6倍です。○○君は何歳ですか?」

 

こんな感じだったかな。

 

解答欄は二つあり、絵で考えるところと式を書くところがあり

 

そこには何やらたくさん書き込まれる文字が。

 

まあ、その子は「できました」と言ってるわけだから、まあ普通にできてるわけで。

 

でも

 

何か様子がおかしい。

 

何がって、

 

その子、明らかに身体が小さい。

 

正解している問題は小3だよね。

 

でも、どう見ても小3じゃないんだよ。

 

だから僕は聞いてみた。

 

「君、何年生?」

 

するとその子は指を2本立てて

 

「2年生」

 

と答えてくれた。

 

 

軽く衝撃を受けていると、続々と後ろから「できました!」と言う声。

 

これまた身体が小さい。

 

学年を聞くと、これまた2年生。

 

どうやらプレで凄いことが起き始めているようだ。