川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

言い続けた成果

 

高1から中間考査の結果報告が続いている。

 

総じて言えるのは

 

かなり良い!

 

ということ。

 

公立入試直後から予定を組んで高校の先取りをし、

 

さらに英単語や例文の音読

 

これも続いている。

 

高校部を除けば、そこには必ず自学に没頭する姿がある。

 

もう、それは完全に日常化するようになった。

 

同じレベルの子が集まる高校は、

 

「平均点より上」

 

ということの価値が格段に高い。

 

さらに

 

「平均点よりかなり上」

 

これも同じ。

 

 

中学ではこんな感じ

 

f:id:goumaji:20220527084348j:image

赤い点が平均点

 

緑の矢印が自分の点

 

 

これが高校になると

 

f:id:goumaji:20220527084417j:image

こんな感じになる。

 

平均点と自分の点は同じ位置だけど、周りのみんなの状況が全くちがうんだ。

 

まだみんなこの感覚がないから、平均点より25点上でも凹んでるんだよね。

 

高校で平均点+25点はめちゃくちゃ凄いことだからね?

 

 

 

でもまあ、悔しいってことは次に繋がるってことだからね。

 

良い良い。

 

 

昨日は中3達にも高1の考査結果について少し話し、

 

「来年は君たちの番」

 

という意識付けをした。

 

 

高校に受かることと

 

高校入学後に上にいること

 

 

ゴールをどっちに設定するかで、

 

この1年間の過ごし方は大きく変わる。

 

 

誰かのサポートやノウハウで偏差値10上げるより

 

自分自身の試行錯誤と努力で偏差値5上げるほうが

 

結果的に高校では勝つ。

 

これはもう例外なくそう。

 

 

てか、そうなってる姿しか見てない。