川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

自学でトップ高のトップ層になる生徒の育て方

 

現時点での松江塾の方針や指導について書いてみたい。

 

今の時点で

 

栄東3年

川高3年

川高2年

川高1年

川女3年

川女2年

市浦2年

星野2年

星野1年

山学2年

 

で、学年トップ10入りの松江っ子達がいる。

 

1学年300人以上の学校で、これだけのトップ層がしかも「自学のみ」でいるというのも

 

駅から離れた地元の個人塾としては

 

なかなかの実績だと思っている。

 

しかも、高校部は無料だし。

 

 

どうして松江塾はこういう子達が育つのか

 

その理由について考えてみた。

 

 

 

 

 

 

 

ふと頭に浮かんだのは

 

 

砂場で高い山を作る方法

 

 

これに近いんじゃないかな、ということ。

 

 

f:id:goumaji:20220428144915j:image

 

 

こうやって小さな山を作ったら、それをすぐ上から潰す。

 

丸く円を描くようにして。

 

f:id:goumaji:20220428144948j:image

 

そしてその上にまた小さな山を作る。

 

f:id:goumaji:20220428145006j:image

で、それをまた潰す。

 

丸く円を描くようにして。

 

f:id:goumaji:20220428145026j:image

 

 

こうすることで、山の裾野はどんどん広がっていく。

 

結果的に、この裾野が広がれば広がるほど山の高さは高くできる。

 

松江塾がやっているのは、この「裾野を広げること」なんだと思う。

 

だからあえて難しいテキストを使ったりしないし、

 

教えていくことは極めて基本の基本だけ。

 

ただ、それを超速でやって何度もくりかえすだけ。

 

それによって、

 

f:id:goumaji:20220428145026j:image

 

 

同じ高校に進学するにしても、高さこそ同じでも、

 

その山の形と裾野の広がりは全く違うんだ。

 

 

f:id:goumaji:20220428145425j:image

 

左が松江っ子ね。

 

同じ高さでも、この先の伸びる可能性がまるで違うってことが分かるかな?

 

 

高校合格を目的にしちゃうと、どうしても「目先の高さ」に意識が行くから

 

積み上げたものを「潰して低くする」ってことはできないよね?

 

とにかく上に上にってイメージが強くなる。

 

でも、焦点を高校受験の先に向けると

 

中学時代に指導すべきことはまるで違う感じになるってことね。

 

 

だからね

 

 

塾選びは大事だって話。