川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

子供の語彙は母親との会話がポイント

 

ほほう

 

面白い記事を読んだ。

 

6歳児の語彙力

 

上は11歳レベル、「蔵書」なども使いこなせる、と。

 

下は2歳レベル、「湯気」が分からない、と。

 

その差は9歳分。

 

実際に授業していると、具体的な年齢差は分からないが、差は大きいと感じることが多い。

 

というか、それは当たり前よね。

 

身長の差と同じようなもんだと思っていいだろう。

 

さて、その語彙力

 

母親との会話に大きく依存しているという。

 

これもまた想像通り。

 

 

ポイントは2個。

 

まず、子供からの言葉かけに、どれだけ速くレスポンスできるか。

 

 

特に幼少期においては、高速ボール拾いみたいな感覚で、とにかく子供の発する言葉を拾う。

 

そしてポイント二つ目は

 

返しの発話の短さ

 

子供の「1」の発話に対し、「5」や「10」の分量の言葉をかけてはいけないのだと。

 

これ、首がもげる思いだったよね。

 

子供が犬を指先し、

 

「ワンワン!かわいい!」

 

と言ったとしよう。

 

それに対して母親が

 

「ワンワンだねえ、かわいいね。あのワンワンはトイプードルっていうんだよ。茶色いね。」

 

こんな感じで無理に言葉を増やそうとしても、子供は

 

目の前の犬と可愛さしか言語化できてないわけで、そこに追加で新規語彙を乗せても、思考停止、聞かなくなる練習をしちゃうってことね。

 

これは分かりみが深いなー。

 

 

レスポンスを速く、そして返しを短く。

 

そのやり取りの回数を増やしていくことで、子供の語彙は増えていくってことね。