川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

控えめに言っても酷い

 

 

 

昨日から教科書本文に入った中1。

 

その最初の最初、UNIT1

 

初学者が「英文」に初めて触れるわけだが、

 

一文目は

 

Hello, everyone.

 

である。

 

まあ、これは良い。ごくごく普通のステップだ。

 

挨拶だからね。

 

そして二文目

 

I'm Margaret Brown.

 

この単元はbe動詞を学ぶところだからこれもOK。

 

一発目に短縮形がきてるのは軽く突っ込みたいところではあるが。

 

まあ、良しとしよう。

 

しかし

 

事件はこの後に起こる。

 

三文目として顔を見せるのが

 

Call me Meg.

 

 

 

まあね、自己紹介してるわけだから?

 

「みなさん!こんにちは!マーガレット・ブラウンです!メグって呼んでくださいね!」

 

こういう流れは至極当然なのだろう。

 

 

しかーし

 

英文法を学ぶ観点からは

 

Call me Meg.

 

は、控えめに言ったとしても、かなり酷い。

 

初めて目にする一般動詞で命令文!

 

主語ないやんけ!

 

しかも第五文型!!!

 

call 🅰️ 🅱️ 

 

で、「🅰️を🅱️と呼ぶ」って教えろって?

 

命令文とセットで?

 

 

んなアホなぁ〜…

 

 

アタマオカシイヤロォ〜

 

ドナイセエッチュウネ〜ン…