川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

語彙力

 

 

 

語彙力は思考の礎である。

 

人は言葉で思考するからね。

 

その言葉を知らなければ、それについて思考することはできない。

 

「◉×□を△▼◆したんだってさ。」

 

語彙力のない子が聞こえる世界はこういうものに近い。

 

知らないのだ

 

分からないのだ

 

だから

 

面白くもないのだ。

 

綺麗に直線は引けないが、

 

f:id:goumaji:20220404090236j:image

 

きっとこれに近い。

 

語彙力のレベルが緑線の子は、それより上の言葉を聞き流す。そして思考しない。

 

分からないんだから当然。

 

それが青線、赤線と上がっていくと、聞き流すものが減っていく。

 

聞き流さないということは、いちいち脳内を「意味を持った言葉」として通過していく。

 

こうやって、語彙力の有無は加速度的に差を広げていくのだ。

 

さて、こうなると親としてできることは何か。

 

日常生活をスムーズに動かすことを第一にすると、なるべく子供が分かる言葉で話しかけることが増える。

 

しかし、それでは子供の語彙力は増えない。

 

f:id:goumaji:20220404090236j:image

 

 

つまり、この線は上がっていかない。

 

 

子供に話しかける言葉のレベルを少し上げていこう。

 

「この言葉は分からないだろうな」

 

という言葉をあえて使い、「あ、今の○○って分かる?」と聞こう。

 

そして、「つまりどういうこと?」とか「ほかにどういうふうに使う?」とか

 

その語彙を徹底的にいじくり回していこう。

 

 

子供の語彙はそういった「親子の会話」でのみ増えていくと思ったほうがいいね。

 

語彙力なし子?

 

あれはあれでも、一応国語「だけ」は偏差値70オーバーを維持したからね。

 

話す時のアホさは抜けなかったけど、なぜか現代文だけは解けたんだよね。

 

本人曰く

 

「読めば分かるから、事前に勉強不要でラッキー」

 

な科目だったことを考えると、実はしっかり語彙力はあったのかもね。

 

まあ、毎晩真島家メンバーでペチャクチャ話してきたからね。