川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

得意教科じゃ差はつかない

 

例えば理数科に行きたい子の数学

 

例えば外国語科に行きたい子の英語

 

本人は得意だし、進学後もその科目に多くの時間を割きたいから希望するのだろう。

 

当然、受験勉強もその科目に時間を多く割く。

 

得意だし、傾斜配点があるからだと思うのだが

 

ここに落とし穴があることを知っておこう。

 

その科を受験する子はみんな得意だってことよね。

 

つまり

 

理数科を受ける子たちはみんな数学が好きで得意。

 

英語科を受ける子たちはみんな英語が好きで得意。

 

 

つまり、みんな高得点が取れてしまうからそれらの科目では差がつかないってことね。

 

理数科を志望する子たちは、数学ができるけど国語は弱い傾向があり

 

英語科を志望する子達は、英語はできるけど数学が弱い傾向がある。

 

なんとなく、ね。

 

 

であるならば伸ばすべきなのは何か。

 

 

分かるよね?