川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

そのルールが大事だという認識

 

勉強で伸びていく子とそうでない子

 

見ていると、「そのルール」への認識の違いが大きいように思う。

 

一番根本的なルールというか、

 

それだけは守ってね、というルール

 

そういうものへの「大事なんだな」「これさえ!」という感覚がほんの少し薄いんだ。

 

 

例えばサッカーで、インサイドパスの練習をしている子達がいるとする。

 

ボールを足の内側で転がすように駆り出す。

 

ボールを受けるのも足の内側。

 

コロコロ

 

コロコロ

 

ボールの速度は上がっても、基本的には地面を転がるボールだ。

 

f:id:goumaji:20211223071536j:image

 

その練習を見ていて、どちらが上手いかはあまり分からない。

 

だからどちらも試合に出ることができ、いよいよ試合開始。

 

ホイッスルと共にボールが蹴り出され、攻撃が始まる。

 

インサイドパスとドリブルでボールが敵陣に入り、

 

いよいよゴール前に高々とボールが蹴られる。

 

頭で合わせてヘディング!すれば絶好の得点機会だ。

 

ゴール前には先ほどインサイドパスをしていたあの子がいる。

 

あのボールタッチであれば、きっとセンスのある子だろう!

 

さあ!

 

さあさあ!

 

その子はボールをキッ!と見据え、走り出す。

 

そして飛ぶ!

 

その瞬間

 

f:id:goumaji:20211223071552j:image

 

まさかの!右手を大きく振りかぶり、スパイク!!!

 

 

ボールはキーパーの横をすり抜けて、ゴールネットに突き刺さる!

 

その子は大きく両手を上げてガッツポーズ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えーーーーーーっ!!

 

 

 

 

f:id:goumaji:20211223071838j:image

 

 

一瞬、何が起きたのか理解ができないチームメイト達

 

 

そうだ

 

この子は、

 

サッカーではキーパー以外、手を使ってはならない

 

というルールが欠落しているのだった…

 

 

 

いやいやいや、まさかそんな!

 

 

 

って思うよね?

 

 

 

 

しかし、勉強の世界でも毎日のように同じことが起きてるんだよ。

 

 

 

サッカーのゴール前での華麗なスパイク

 

f:id:goumaji:20211223071552j:image

 

 

「私はサッカーをしません」

 

これを

 

「We soccer not play.」

 

って書いたり。

 

 

 

 

 

まず、そのルールをしっかり大事なんだって認識しないとね、って話ね。