川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

文の中に文がある

 

昨日も少し書いた。

 

中2で不定詞が苦手になってしまう子達。

 

かなりいるんだよね。

 

苦手っていうより、不安?と言ったほうが近いだろうか。

 

原因は、題名にも書いたように

 

文の中に文があるように見える

 

ことなんだよね。

 

初学の子達は、

 

私はサッカーをする

I play soccer.

 

という文に出会い、一般動詞の文をマスターしていく。

 

でも不定詞を学ぶと

 

I want to play soccer.

 

何故かあいだにゴリゴリと単語が入り込み…

 

なんじゃ?

 

となるわけよね。

 

また別の文では

 

私は英語を学ぶ。

I learn English.

 

を学んだのに

 

 

私は英語を学ぶためにアメリカに行った。

 

 

日本語の書き出しは同じなのに、

 

I went to America to learn English.

 

 

なんて文になり、

 

んんん?

 

わけわからん…

 

 

 

ってなる。

 

 

これの攻略法は一つだけ。

 

 

 

日本語でキッチリ分析すること。

 

 

生徒には言ってるけど、英語を勉強するには、英語じゃなくて日本語でしっかり理解すること。

 

 

英語に直すのは、最後の最後の最後だけでいいんだからね。

 

 

 

英語ができない子は、英語が分かってないんじゃなくて、

 

日本語で考えたり理解したりする段階で分かってないのさ。

 

 

これ、結構勘違いしてる先生や生徒は多いんだよ。