川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

生徒の誤答は指導の宝

 

毎日和文英訳を継続して36日が経過した。

 

毎日キッチリやっている子は

 

180個の日本文を英訳していることになる。

 

当然ながら中学英文法は180種類もないわけで

 

同じ文法事項が繰り返し繰り返し出てくることになる。

 

 

「はいはい、これね♫」

 

そうやって、使うべき文法事項を瞬時に判断できるようになることこそ、

 

この毎日和文英訳の肝なのである。

 

 

習って、慣れろ

 

まさにこれね。

 

 

そんな和文英訳

 

毎日みんなの答案画像をチェックしていると、当たり前だが間違いもある。

 

その日本語を、なぜその英語にしたのか

 

間違いにはその生徒の「勘違い」や「曖昧」「うろ覚え」が詰まっている。

 

それを見ると、結構タメになるというか、参考になることが多いのだ。

 

要は、「躓きポイント」が見えるってことよね。

 

早速今日から再開する通常授業で活かしていこうと思う。