川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

さーちゃんへ

 

 

 

 

合格、おめでとう。

 

ただただ、おめでとう!

 

頑張った!よーく頑張った!

 

そして合格した後も、期末に向けて頑張っていると聞いて、

 

まあ、そうだろうな♫と思ったよ。

 

 

 

初めて松江塾に来た日

 

コロナ禍の今と同じマスク姿だったことを覚えている。

 

あの日から今まで、本当にコツコツと頑張ったよね。

 

君はね、人の話を聞くときにある特徴があるんだ。

 

あのね

 

姿勢が、低くなるんだ。

 

そして、低いところからじっと見上げるようにしてこっちを見る。

 

見る、というよりは…

 

喰らいつくように見つめる。

 

そして、小さく頷く。

 

中1も

 

中2も

 

中3も

 

1学期も

 

2学期も

 

3学期も

 

暑くても

 

寒くても

 

変わらないその姿勢。

 

そして、自学に取り組むその姿勢も。

 

たまーに勉強してる姿勢そのままで寝落ちしている時もあった。

 

その時も、引くなってたね。

 

でも、決して机に顔をつけることなく低く、低く。

 

 

中学でもゴリゴリのトップ層に君臨。

 

誰しもがトップ校に進学することを疑っていなかった。

 

でも、いつだったか

 

お母さんから聞いた親子の将来プラン。

 

塾の先生として、正直専門外だったからさ、

 

一瞬戸惑った。

 

でも、いつもの君を見ていると

 

「ああ、この子はどこに行っても変わらず頑張って己の道を切り開いていくんだろうな」

 

って思ったよね。

 

だから両手を上げて賛同した。

 

そして高校生になり、制服が変わった。

 

でも、君は1ミリも変わらなかった。

 

少し顔は大人びたように思えたが、

 

それでも挨拶する時の少しはにかんだ表情はずっと変わらず。

 

きっと街中で君とすれ違う人は、

 

君に特大パワーのエンジンが載っているとは思わないだろうね。

 

どこぞの裕福な家庭のおっとりお嬢様にしか見えない笑

 

でも、エンジンルームを開けたら

 

プロのメカニックも言葉を失うほどのモンスターエンジンが。

 

そんな君が

 

ついに、超難関の試験を突破したと聞いた。

 

お母さんからね。

 

 

入塾以来、何度メールのやりとりをしたか覚えてないが、

 

いつも「松江塾史上最長」を更新するようなロングロングメール。

 

その長さが、お母さんの君への想いの強さだと思ったよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さら

 

おめでとう。

 

本当に

 

おめでとう。

 

よく頑張ったね。

 

 

 

君が松江っ子であることを

 

僕は誇りに思う。

 

 

 

おめでとう。