川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

やり方云々

 

勉強のやり方って話

 

これは、ゼロ100で言えばさ

 

例えば同じ単語を100回書くとか?

 

それはさすがに勉強のやり方が良くないねってなるよね。

 

あとは、言葉の意味も分からずに音読するとか、

 

ワークの答えを解答欄の場所で覚えてるとか、

 

 

そういうのも同じ。

 

 

 

 

でもさ、

 

多分ほとんどの場合はこういう次元の話じゃなくてね、

 

「うちの子、勉強のやり方が悪いのかしら…。」

 

って思う場合、単純に

 

「やってないだけ」

 

って場合が多い。

 

「やりたくないだけ」

 

って言ってもいいかな。

 

 

勉強ってさ、やらなければならないことを乗り越えた時に、得られるものってメチャクチャ大きいじゃん。

 

f:id:goumaji:20211028194524j:image

左の黒い四角が、やらなければならないもの。

 

右の赤い四角が、それを乗り越えた時に得るもの。

 

 

勉強を頑張ってきた大人なら分かるよね?

 

 

でも、勉強を頑張らない子には

 

 

f:id:goumaji:20211028194637j:image

 

こう見えちゃってるんだよね。

 

できたとしても、得られるものが小さい…

 

 

だったら、やらなくてよくね?

 

ってなるよね。

 

 

 

まず僕ら大人は、それをしっかりと伝えていかないといけないよね。

 

そして、

 

最初は辛くても、やればやるほど楽しく楽になって、

 

優越感まで得られるってことも。

 

 

 

 

そういうことが本当の意味で伝わってなければ

 

 

「このやり方で間違いありません」

 

っていう方法を手にしたとしても、あなたの子供は頑張れませんよ。

 

 

ええ、間違いなく。