川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

必ず理由や原因がある

 

テストの点数や成績評価には

 

必ず理由や原因がある。

 

 

頑張ったのに点が良くない

 

 

この場合の理由や原因は

 

①そもそも頑張ってない

 

本人の中では頑張ったのかもしれない。毎日毎日頑張ったのに!

 

しかし、その子の中での「頑張った」は、その子の主観である。他の子がもっと頑張っているのなら、頑張ったとは言えないのだ。

 

②頑張りの方向性がズレている

 

これが一番多いはずだ。

 

例えばサッカー部でレギュラーを目指す子が、毎日毎日グラウンドの端でサッカーボールを磨き続け、「毎日頑張った!」と言っているとしよう。

 

レギュラーになれるかなれないか

 

言うまでもない。

 

サッカーでレギュラーを取るには、サッカーの練習を必死でやらないといけない。

 

とにかくガムシャラに。

 

で、時間と量を積み上げて初めて、「何をやればもっとうまくなるのか」にたどり着く。

 

まずは量と時間。

 

これをこなす覚悟のない者が一番口にするのが

 

「何をやれば効率よく上手くなりますか?」

 

これを考えてしまう子は絶対に伸びない。

 

 

この思考パターンは

 

無駄なことはやりたくない

 

 

楽をしたい

 

 

これが土台にあるわけで、

 

 

こういう子はまず伸びない。